イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

ストロー吸いは、しんどいの

11月 03 2014 | 人の身体と動作

20141103ストローで吸う

ストローで吸うのは結構吸う力がいるのだということを、3年位前だったか、ばーちゃんの食事介助をしていて初めて気がついた。介護用の、皆さんご存知かしら、こけても中身がこぼれない蓋つき、取っ手付き、ストローがさせるコップね。あれにトロミをつけたお茶を飲んでもらうのが食事時でありました。

ばあちゃん、いつもはちゅーっと吸い込んでたくせに、ある日、ぜんぜん進まなくて、気になってぐんじょーは、自分でストローからトロミ付きのお茶を飲んでみた。

えっ?しんどっ!!!吸えないじゃん。

トロミつけたらすえないじゃん!ストローに栓してる感じよ。力使い果たして、肝心な食事が飲み込めなくなっちゃう。
 
ああそうなのか。ストローで吸うのはとても力がいるのだね。しんどさに拍車がかかるのだ。それ以来、あまり無理に吸わせなくなった。スプーンですくって食べさせたりもするようになった。

飲み込むときは、気道は塞がっていますから息、止まってます。飲み込むごとに息を止める事になるので、ご高齢の方にはとても重労働なのです。食事を飲み込む事が!! だから、、、あまりストローで吸ってもらってそちらにばかり力を使ってしまうと、食事の方に、エネルギーまわせなくなるじゃん、、、ということなのだそうです、、、。

ヤイヤイ言うてしまうご家族様。そこから少し発展しますが。
飲み難そう、食べ難そうにされている場合、同じ姿勢になって、ご本人と同じ様に食事してみてください。きっといろんなことに気づかれるのではないでしょうか。

(今はばあちゃん、スプーンですくって、飲んでもらっています。)

逆を言えば、そうね。ストローで吸えるうちは、まだまだ元気な証拠ね♪ほんとにパワーなくなったら、ストローでなんて吸えませんからね♪(タイトルは、やいやい言うてた自分に対して突っ込んでます。)


gunjoaen
【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : イラストレーター
プロフィール:介護とコミュニケーションの現状と問題点を明るくおもろく大真面目に発信中。
介護ライブラリ:介護トピックスコーナー「自宅で介護お助けヒント集」連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。