イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

トイレット知らぬ間に前屈み爪先立ちには理由があったのね

10月 15 2014 | 人の身体と動作

トイレットで前傾姿勢と恥骨腸骨筋の関係は

トイレットでの前傾姿勢と恥骨腸骨筋の関係は

知らぬうちに〜前傾姿勢〜。いつの間にか〜つま先ダチー。お腹にチカラが入るから大の時は、自然とこの姿勢になるのだと思っていた。理由はお腹に力がはいってイキメルだけではないようだ。

image恥骨直腸筋と骨盤と前傾姿勢

恥骨から恥骨にかけて、恥骨直腸筋というのが渡っていて、この筋は、大腸の出口を引っ掛けているそうだ。よく解剖図でも見られる大腸の図。肛門の前にはくいっと、くの字に曲がっているのだが、このくいっとが実は筋肉にひっかけられているからなのだね。
前傾姿勢をとると、この筋のひっかけより前側に大腸が移動?して、大腸は曲がり少なく真っ直ぐに近くなり、無理がすくなく ウンチが出るそうなのだ。(本日はそのするりなイラストはありませんが。)

前傾姿勢35度?

前傾しなくても、膝を胸に近づける姿勢が出来ると、前傾姿勢35度?と同じ効果になるそうだ。そうか、つま先立ち姿勢がまさにこれにあたる気がする。 このあたり、つい最近の試してガッテン!でも取り上げていたが、恥骨直腸筋の説明はなかったように覚えている。

洋式便座の足置き台なども、この角度をつくるために既に発売されている。日本では今一つ知られてはいないのだが、この効用を歌って、外国の方がおしゃれに販売しておられる。アメリカなどなど。

お風呂椅子を足置きに、、、とガッテンでは言っていたが、私も一度試した事がある。でも、ごつすぎて、続きません。

→こちら
トイレが毎回スリリング

和式便座もしかり。和式便座にしゃがむと、自然とこの最適角度になり、大はスムーズにだせるのだとか。外国ではヘルシー便座として売られているスクワットトイレット。 足の筋肉は必要だが、スクワットで鍛えられるのは魅力でもある。

興味がある方は、調べてみてくださいませね。
過去記事には、これに関連した内容が掲載されていますが、またお知らせいたします〜。


gunjoaen

【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : 介護イラストレーター

プロフィール:103歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中12年目。親戚同士での在宅介護は9年半。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて1998年より発信して17年目♪

介護ライブラリ:介護トピックスコーナー「自宅で介護お助けヒント集」連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。