イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

トイレ介助を横から見たら〜

2月 23 2011 | 人の身体と動作

トイレ介助は、人が動く時の空間を意識する事が多い場面ですな。車椅子をドアの側に寄せ、立たせ、移動させるだけで毎回へろへろになりました。脚がのびたまま、コンパス状にしか動かなかった祖母でしたので余計そうだったのかもしれません。図はトイレからの立ち上がりの図。介助する人が前にいるので、トイレの空間はその分も必要ですわね。

ばあちゃんちでは立ち上がりの空間が狭いかなという感じでしたが、壁にもたれられ、介助者を支えてくれたので助かりました。でも荒っぽい介助をしてしまうと、介助される側のおでこは壁にぶち当たります。荒っぽい介助とは、介助者が自分の方に一気に体重をかけて引っ張ってしまう感じです。もっと、立ち上がる人の頭の振り幅(?)が大きくなり、やじるしの一番出っ張ったとこで壁と出会います。ごつん。

イラストは、トイレから元気な人が立つ時の頭の動線と、介助者の図。動きを理解しながらの介助がよろしいのですが、そんなうまいこといきまへん。

昨日のイラストの方がリアルです。じじばば meets ぬりかべ


【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

(↓201405追記)
103歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信17年目。
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Trackback URI | Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。