イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

10年ぶりのスッポンポンなお姿

10月 04 2014 | ばあちゃん日記

20141004びっくりgunjoaen

全身で見るのは十何年ぶりなのである。ばあこのすっぽんぽんなお姿。ほねほねである。

上半身ほねほねは、着替えの時によく見ていた。
下半身ほねほねも、見ている。

だが、上下アワサッタ姿は、久方ぶりである。

先日特養ホームの浴室で、特殊浴槽の寝台にネソべる祖母に会いに行った。どんどん骨格君そのものに近づくばあちゃんである。

いやいやデジャヴか。既視感。別なところで既によく出会っている気がするぞ、どこでだ?

むか〜しむか〜しの日本画でよくあるジ様バ様の図。ほんまにあんな感じである。

むかーしむかーしにあんなにリアルに描けるということは、
その当時ほねほねをよく見る機会があったということか?

その当時のジ様バ様と言われていた層は、きっと年齢が若いはずでは。今、じ様ば様なイメージは、90歳代であるが、その当時では70代、60代?

イメージではとても見慣れているの気がするのだが、本物の全体像はどうだ?想像してはいたが。

足し算でなく、かけ算のなんとも言えないもんやりしたこの気持ち。背中は肋骨でぼこぼこだ。背骨もとげとげでこぼこだ。背中がちっちゃくなった。22年の年月を思う。




gunjoaen
【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : 介護イラストレーター
プロフィール:介護とコミュニケーションの現状と問題点を明るくおもろく大真面目に発信中。
Webマガジン介護ライブラリにて:介護トピックスコーナー「自宅で介護お助けヒント集」連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。