イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

お食い締めとはなんぞな?

9月 12 2014 | おしらせ

gunjoaenこんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。

追記で本日2015年9月26日(土)です。お食い締めとはなんぞな?の問いとしては、最近の記事(2015年9月15日)こちらをご覧下さい。2週間前の牧野先生の勉強会リポートです。

※「お食い締め」とは:牧野日和氏が考えられた、食べる機能が衰えた方への段階的アプローチでもあり、造語です。
————————————-
(本来の記事は以下、2014年9月の講演会案内です。)
20140914_chirashi結局直前になってしまうのですが、、、。ご案内。以下は、私の関わっている、福祉用具体験会in西宮の勉強会の案内記事をそのまま転載いたします。お時間のあります方は、どうぞいらして下さいませ。


今回は特別講演会!!
いつもは少人数の勉強会ですが、今回は定員が100名。
是非お誘い合わせのうえご参加ください。



【9月勉強会】

最期まで口から食べたい人を支えるケア
~お食い締めがもたらすもの~


講師:愛知学院大学心身科学科健康学科講師
 歯学博士/言語聴覚士/認定心理士
 牧野 日和さん

日時:H26年9月13日(土)

13時30分~16時30分(受付開始13時10分)
場所:西宮市市民会館 4階401号室 
費用:2,000円 定員:100名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お食い締めは牧野さんの造語です。最期に食べたいものを案に食べさせることではなく、当該者に関わる様々な人たちが織りなす心模様と専門家のエビデンスにより生きてる意味を知る…そんなお食い締めについて学びませんか。臨床の中で生まれた様々な事例をもとに牧野さんの熱い思いを是非多くの方に聴いていただき、食べることの大切さを知っていただければと思います。

お申し込みは福祉用具体験会in西宮HPお問合わせ、もしくは下記画像を印刷していただきFAX(020-4668-1529)へ♪

※1)申し込み後メールかご連絡をさせていただきますので、連絡のつく番号やメールアドレスをご記入ください。
※2)返信用メールアドレスが届かない際は再度ご連絡いただきますようお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 以上福祉用具体験会in西宮ホームページより転載。


どうぞいらして下さいませ。
福祉用具体験会in西宮ホームページ


嚥下に関するアニメーション2点,公開中

《2016年9月公開》
〜舌根−咽頭後壁間の接触を透明化〜「咽頭の解剖生理 / 咀嚼嚥下の一例 (内視鏡検査視線)」動画こちら
《2014年3月公開》
新知見に基づく 摂食嚥下動画「摂食嚥下の解剖生理」Anatomy and physiology of feeding and swallowing(矢状断面図)
こちら

gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

◆プロフィール◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族の視点で、介護の現状と次の一歩をユーモアを交え、えっちらおっちら発信する。お役立ちブログは開設より18年目。おもろくも辛口も含んだ問いかけは、介護中のご家族のみならず、介護や医療関係のプロからも秘かに支持されている。
◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。