イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

ポジショニングを均一に伝達するのは簡単じゃないのう。

4月 29 2014 | 人の身体と動作

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。いらっしゃいませ。

ことほぎですわね♪たゆたゆと。

ことほぎですわね♪たゆたゆと。


近ごろは、均一に伝達したり、情報を共有するということは、シェアする、なんて言いますよね。でもそのシェアって、思ったより大変なことを感じています。本日はその前の段階の伝達に関してです。


祖母のポジショニングのクッションについて、施設のスタッフさんにどうも上手く伝えられない気がしています。経験の少ない方にも経験を重ねた方にも均一にお伝えするにはどうしたらいいんでしょう。


現在、祖母の部屋(特別養護老人ホームの多人数室)のパーテーションの障子部分には、ポジショニングの写真がべたべたと貼ってある。私の仕業だ。試行錯誤で約1ヶ月。最終形をどうもっていったら伝達し易いのかが、やりながらしか想像できないので、試行錯誤のまま日々更新される障子での掲示〜。あらま。

ようやく先日クッションがある程度決まり、仕上がった。

クッションだけを置いた写真と、祖母がそのポジショニングをして横になっている姿の写真を対比にし、貼れる様になった。それにプラスαイラスト入りの解説である。先週からは、クリアファイルも増やしてしまう〜読んでいただけるか、いただけないかは別として、一緒に作り上げて行きましょう〜な気持ちである。

「もう、スタッフさん嫌がってはるわ。上の人もいやがってはるわ。あんまり出過ぎたマネしなさんなっ。」と怪訝な顔をするのは介護中心者の母。母は母で心配をしている〜。

わたしはわたしで、出来るだけ安楽な姿勢を保てないと、ばあちゃんの脚の拘縮がどんどん進んでしまうので焦っているという訳である。早くきまった基準の形を作ってしまいたい。拘縮が進むと、出来る事が限られてくるので不自由で、祖母もしんどいし、介助するスタッフさんもしんどいので、早うせんと、なのである。 


施設に行った時には出来るだけスタッフさんと話をして、コミュニケーションをはかる様にしてはいても、配慮が足りない所は多々あるかもしれない。

祖母に会いに行った時に、ポジショングのクッションが体がちっとも触れていないときは、三角クッションを体の間にクサビのようにグサグサ差し込ませていただき、メモに走り書き。「すみません、参考にしてください〜。」ちょうどスタッフさんにはどなたにも会えず仕舞いだったので、そのままダッシュで帰ったりということが先日はございました〜。もちろん毎回ではありません。おほほほほ〜。

しょうがないのよね、、、とは済ませられない体の状態になってきている様に感じる。一週間のうち家族が関われるのはほんの僅か。あとはスタッフさんの介護力が頼みの綱、上手〜く伝えたいのであります。

寝返りが自力でうてない祖母なので、今よりもっと安楽にごそごそ体が動かせる様に、ベッドの上で寝てもらいたい。それが理想。

ばあこの部屋のパーテーションに沢山貼られた写真や図を見て、「これはあんたの散らかった部屋か。イラストレーターがやっていることとはとても思えん〜」とはオット談。あら失敬。

年齢を重ね、祖母の体のチェックポイントがどんどん増えるので、それが全部出来るかといえばなかなか難しいことと思われます。いろいろ試行錯誤の最中です〜オッチラおっちら。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題を発信中。祖母への”イッチョカミ介護”歴22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | 2 comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

2 Responses to “ポジショニングを均一に伝達するのは簡単じゃないのう。”

  1. はじめまして。
    昨年こちらのブログに偶然訪問してからちょくちょくお邪魔してます。介護現場の者です。

    こちらのブログは介護者としての視点、ご家族としての視点という双方からの内容盛りだくさんで、とても勉強になります。ありがとうございます。

    今回は2点お尋ねです。
    当方のブログにリンクを頂きたいのと、
    当方のブログで紹介させてもらっても宜しいか?
    ということです。

    日々の介護、お疲れさまです。
    健康には気をつけてお過ごしください。

    突然のお尋ね、失礼いたしました。

    01 5月 2014 at 11:09 AM

  2. gunjoaen

    京奈良飛鳥さま はじめまして。
    群青*介護ブログ管理人の群青亜鉛です。返信遅くなり恐れ入ります。

    書き込み頂きありがとうございます。

    相互リンクの件は、申し訳ありませんが、基本的にお断りさせて戴いております。リンクは面識のある方に限っているためご了承願います。ご紹介頂く分は構いません。

    ブログ拝見しました。笑顔になれる介護、共感致します。
    介護をベースに、興味を持たれた事を幅広いジャンルに渡り発信していらっしゃるのですね。

    介護の現場で働く方は、ついご自身のことを後回しにしてしまいしがちに感じます。
    京奈良飛鳥さまも、健康にお気を付け下さいませ。

    京奈良飛鳥さまの発信なさることが、今後増々、周辺の皆様の笑顔のきっかけになりますように。

    03 5月 2014 at 11:59 AM

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。