イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

使わなくなった低反発枕を、ポジショニング用クッションに。

4月 11 2014 | 介護の工夫

低反発枕リメイク介護用クッションに
その人それぞれで首のカーブが違うから、枕のお下がり、、、はなかなか難しい。でも低反発の素材は購入するとなれば、皆様御存じの通り結構高価なものです。枕には出来なくても、何かに使えるはず、、、。そうそう!

少々古くなっていても、、、クッションとして充分使えるのです。写真に写っておりますのは頂き物の、低反発の枕なんです。
ばあこさまに使ってあげてください、カッターなどで切ったりして、骨のでっぱったとこにあてがったりで色々と重宝するから、と、介護を卒業された方から戴きました。

切ってリメイク!

切って。タオルでくるんで。布でくるんで完成。

そのまんま布でくるむより、タオルで一旦くるんで、糸でかがり、その上から布でくるむ方が、扱いやすいです。

これ位のサイズのものがあると、結構どこにでも使えて便利です。

この斜めのカーブを活かして、リメイクして下さいね。


【群青亜鉛(ぐんじょうあえん):介護イラストレーター】
《介護ライブラリ》:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中>こちら

103歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。