イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

夜トイレに行く時の足元にご注意

2月 04 2011 | 日々日常



夜、トイレに行くとき足元がふらついたり、布団の上で立ち上がり、布団に足を取られて転倒し骨折してしまう高齢者が多い。これは身近でも良く聞く話なので皆、気を付けてもらいたい〜。

が。人の事を心配している場合ではない〜。冬でもあるし、やはり年を重ねると、夜トイレには一回は起きるようになった。群青は和室に布団を敷いて眠るという純和風な暮らしである。が、先日は戻ってくる時に足をとられ、こけそうになり、ばりりと障子を破ってしまった。

明かりを付けるのも目が覚めてしまうので、暗くしたままで動こうとしたのがまちがいであった。

皆さん、手元に懐中電灯などを置いて、足元に気を付けて夜は移動をするようにして下さいませ〜。(はい。自分に言うてます)

足が弱っている方が身近にいる方は、トイレ時、気を付けてあげて頂ければと思います〜。骨折→入院→寝たきりに、というパターンの方も、少なくないのです。。。
(群青亜鉛:ぐんじょうあえん:Illustrator)


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Trackback URI | Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。