イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

録音した介護の声掛けで、自分の声の真髄を知る。かも。

3月 22 2014 | 介護の工夫

20120324ぽけーっと。ええかっこしい、なしよね。

20120324ぽけーっと。ええかっこしい、なしよね。


ああ、うるさいわ、自分の声

先日、知人理学療法士さんに祖母の身体を診てもらう。寝姿のポジショニングはこんなぐらいがいい、や、車椅子はこれぐらい調整した方がいいね、と色々と教えて下さった。

この学びを記録するだよ、と準備したものが、いつものiPadと、ガラパゴスと呼ばれる携帯と、古めかしい大きなデジカメと、そして録音機ICレコーダ。

しかし、よくわかった。使い慣れない道具のデータはいつの間にか消える運命にあるのね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

久方ぶりに使ったICレコーダ

行き帰りのバスの中で知人PTさんと話をした貴重〜な内容。(もちろん許可を戴いてます。)

これってほんまにタイムリーぢゃんなわくわくする内容が、なぁんにも残っていなかったわよ。録音中はちゃんと動いてたのに、最後に消去ポタン押したの?

消えた録音、まるっぽ2時間半分。再生して耳に届くは、実家の愛犬の鳴き声と、しつけトレーニングの先生の声。

これって、3年前のやん!(まだ消してなかったんかっ)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

消えたものは、もう、しゃーない


消えた録音はもう、しょーがない。

祖母へのポジショニング新バージョンの写真と動画は残っている。主任介護士さんに中継ぎの経過報告の為、写真をセレクトをするも、解説の動画も見始めてしまい収集がつかなくなった。

ばあこに声かけている様子を聞くと、押し付けがましさ天下一品。 自分の声のあまりのうるささにガックリだ。あーた、その第一声、もうちょっと柔らかく出せませんかいね?

ああ、ちゃうちゃう、自意識過剰なやっちゃな、今はばあこの写真が先っっ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

思い込みと身内の指摘

午前中、祖母の施設の主任看護師さんに電話を入れた。先日お話をしていて疑問点が浮かんだので、それを解明しに、である。

ほっておくともしやカモかも?症候群(もしかして〜かも?かも〜と、豊富な想像力で事実を確認せぬままマイナスに物事を考えてしまうこと。勝手に命名)と広がってしまうため、すぐさま行動。直接お聞きするのが一番であろう〜と。

早いうちの質問により、疑問即解決、安堵!と電話にて伝えると、母、曰く。

「あんたは ちょっときついから 向こうの人も 恐縮しはるんや。つっつきなさんなっ。あんたは そんな 気がなくても そんな風に聞こえるから 気いつけなさいっ。」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

図星でアタフタ

えっ?ワタシが主任看護師さんに何を突っついた、、、のでしょう〜。 きついのは母上にだけではないの? 先ほどの録音音声、カンカン響く声が騒々しいなあ、、、とワタシは感じた訳ですが、普段でもそういうこと、、、なのねきっと。

疑問があると追求しなければ気がすまない性格の為、家族は実はヒヤヒヤしている模様。

前振り足りず、唐突に訊ねてしまうこともあり、一体なんぞや?ピクリと身構えられることも多いように感じます。ああ、ほどほど。やはり、ほどほどに、、、。わかりました、と言いたい所ですが、きっとわかっていないでしょう〜自分で気づいて行くほかありません。

まろやか〜にまろやか〜に 進みたいものです。主任さんへの伝達第一段階は先日クリア致しました。ポジショニングに関してはまた、いずれ。

【群青亜鉛:介護イラストレーター 】
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。