イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

椅子が低すぎるのは腰痛の原因に

2月 01 2011 | 人の身体と動作

昨日の書き込みでも触れましたが。足腰が弱っている人の椅子が低すぎてしまうと、踏ん張れず、立ち上がれなくなります。介助する人も、引っ張り上げるような感じになるんで、腰に負担がかかり、いずれ腰痛になります。

祖母が約17年前に脳梗塞で倒れ、入院後自宅では、しばらくは座敷に布団を敷いての介護。その後 私が子ども時代に使っていた2段ベッドを復活させ使用しましたが、この高さが低くて介護をするメンバー4名が、皆腰を痛めてしまいました。

毎日繰り返される動作はなにげなさ過ぎて、あまり意識しませんが、結構重要なポイントです。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん)イラストレーター 】

《追記2013年8月》
ぐんじょうあえん:在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。
2013年9月神戸で個展♪ご案内こちら
介護ライブラリにて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Trackback URI | Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。