イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

便座の穴に、お尻、はまる。痩せるとね。

1月 30 2011 | 人の身体と動作

便座におしりはまるのね

便座におしりはまるのね


こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。ちょっとリアルな骨格君です。

健康な時はなんとも思わなかった自宅トイレの便座。入院したり、痩せたりすると、てきめん便座の座り心地が悪くなります。

なぜか?クッション替わりになっていたお尻のお肉が減ったからです。便座の穴におしりがすっぽり入りそうになります。大人用の便座に、幼児が座ると、穴にすっぽりと落ちてしまいますよね。そこまでとは言いませんが、あんな感覚です。

おしりが中にはいってしまうと、腰掛けの高さが低くなっているのと同じなので、今まで以上に足を踏ん張らないと立てなくなります。(ふとももの筋力が必要です。)加えて、トイレ中、ふんぞり返った感じになり、排泄するのに姿勢が安定しないので、気持ち悪い感じになるかと、、、。

トイレ介助時は、注意してみてあげて下さい〜。介助する方は、ひっぱりあげるような感じになりますので、腰痛にならない様、ご注意下さいまし〜。

理学療法士 大渕哲也さんのHPをご参照下さい。
老人介護についての個人的HP
→”便座穴“中”が欲しい・・”
homepage3.nifty.com/MYKAIGO/kiki(17).htm



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター
◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に、介護とコミュニケーションの現状と問題を発信中。”イッチョカミ介護”実践し22年。
◆介護関連著書 2冊
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Trackback URI | Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。