イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

お風呂場のあたため方。古いお家の場合。

12月 21 2013 | 介護の工夫

20101211_浴室あたためる_web

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。

これは3年前にもこの群青*介護ブログでご紹介しました介護のお知恵、浴室のあたため方ですが、とても寒くなった昨日もこの方法で準備してからお風呂に入り、とっても良かったので再び〜。

タイル張りのお風呂場は、寒い!

昔ながらの一戸建て、在来工法のお風呂場は床がタイル張りだったりして、あたたまるのに時間がかかり、ご高齢の方の入浴時には大変気を使われることと思います。

ここ10年位の新築のお家やマンションでは、お風呂には暖房機がついているのが一般的な様子ですが、築うん十年の木造家屋で、特に何も暖房のないお風呂場は、さぶっ!!冷たっ! で血圧は大変動!ヒートショックが気になるところです。

みなさんご存知の方法は、お風呂のフタはせずにお湯をはる、お湯を沸かす。加えて入浴前に熱めのシャワーを出しっぱなしにする、、、等々ですよね。

でもそれだけではタイルの床はちっともあったまらないんです。流しっぱなしのお湯ももったいない!!そんなとき閃きました!排水口に栓をしたらいいんじゃありませんか〜。(※ 排水口が隅に一つだけある場合の方法です。)

排水口に栓してお湯をはる

でも何を使って栓をしたらいいんでしょう? 台所のシンクじゃないですからぴっちりのゴム葢なんてありませんよね。 大丈夫です、どのご家庭にもあるもので対応出来るんです。

取り出しますはポリ袋。

そうなんです。ポリ袋で代用出来るんです。サイズは排水口よりも大きめのサイズで。スーパーのレジ袋でもOKです。これにお湯を入れ、輪ゴムか結ぶかでしっかり口を閉じ、排水口の上に乗せるだけ!!お湯の入ったポリ袋はしなやかですから、その重みでしっかりと排水口に栓をしてくれ るのです。結ぶだけでも十分です。

そのあと洗い場に蛇口からお湯を張るだけなんです。 もちろんシャワーのお湯を出しっ放しでも構いませんよ〜。

ポイントはお湯を2度替えること。

一度たまったお湯はタイルに熱を奪われ即水になりますから捨てて下さいね。忘れてほっておくと、入浴時に、冷たっ!ということになります。ポイントはお湯の2度替えです。 2回目に張ったお湯でタイルも浴室も確実にあたたまるはずです。

洗い場の広さにお湯を1〜2センチためるには、お湯をちょっと多く使いますが、シャワー出しっぱなしよりはお湯も少なくて済み、確実にあたたまると思われます。ヒートショックで倒れることを考えると、、、。

注意事項としては、入浴直前に必ず洗い場のお湯は捨ててくださいね。足を取られ滑ってしまう恐れがありますから。(でもでも、、、、この溜まったお湯に足を踏み入れるのって、楽しいんですよ〜、子供な気分に戻ります。)

入浴介助時はもちろん、ご自身が入浴される時もこの方法は便利です。一度お試しくださいね。

※くれぐれも、足を滑らさないようにご注意下さい!



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題を発信中。祖母への”いっちょかみ介護”実践し22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。