イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

昔と比較してもしょーがないけど口腔ケア

12月 13 2013 | ばあちゃん日記

20111020はみがき

高齢者施設では口の中の衛生対策は、かなり良くなったのではないだろうか?

祖母がショートステイをよく利用していた17年〜12年ぐらい前頃は、皆様驚くなかれ、ショートステイ中に歯磨き介助をしてもらえませんでした。
==============================

口腔ケア事情今昔

7施設ぐらい利用しましたが、ちゃんと毎日口腔ケアをしてくれたのは、確か1施設だけだったのでは、、、?
他の6施設には、いくらメモや手帳などでお願いをしてもしてもらえない。いや、最初の2、3日はしてもらえるところもあった。でも、その後は、、、、。

記録のチェック項目には、ちゃんと歯みがきしました、にチェックが入っているのですが、いやんうっそー、この歯見たらしてないこと丸わかりやん。それともうがいだけだったの?

と、そんな歯の状態でしたので、ショートステイ時は、毎回この歯みがきの事で、意気消沈。そのうちお願いするのもしんどくなって家族はもうあきらめる。 どろどろの歯垢だらけの歯で自宅に帰ってくるのが当たり前でした。

今は流石にそんな施設はないだろうし、当時そんなだった施設もおそらく今はちゃんとしてくれているのだろうと思いますが。皆さんの利用されているショートステイではどうでしょうか?

詳しくはこちらの拙著に記載〜
==============================

怖ーい顔での歯磨き介助はイヤん

口腔ケアをしっかりすることが、誤嚥性肺炎を予防したり、肺炎の予防にもなるということがわかってきて、昨今の介護の現場では口腔ケアに力を入れるのは当たり前の必須項目になっているのではありませんか?

気持ちよ〜く口腔ケアをしてあげると、脳内にドーパミンが出てきて、それに誘導されて喉の奥にサブスタンスPという痛みの伝達物質が放出され、しっかりと咳が出るようになるのだとか。

なんですとな?咳は、気管に異物が入ってきた時にそれを外に出そうとする身体の防御反応。咳が出来るということは、体にとって大事なこと、、、。

でも、戦うようにこわーい顔で挑むように口腔ケア介助をするとダメなんだそうですヨ。(私かも!イラスト参照!)
==============================

幸せ〜な歯磨き介助でドーパミンが大放出?

これは、昨日私が受講してきた、
大阪大学 歯科学部 付属病院の 顎口腔機能治療部 の医長 野原幹司さんのセミナー、
タイトル「在宅・施設で行う!摂食・嚥下障害への対応」
で、おっしゃっておられた内容の一部です、、、。

あくまでも、気持ちよ〜く口腔ケア♪するのがポイントなのだそうで、戦場レベル、戦うようなケアはダメとおっしゃって、つい身に覚えのあるグンジョウは、笑ってしまいました。

(野原先生は、飲み込み専門の歯医者さんで、在宅療養や介護の患者さんの元へも、内視鏡を持って、診ておられるとのことで、一年間に200~300人を診ておられるそうです。)


ドーパミンが出なくなった人が、咳が出なくなる人だそうで、85歳を越えるとドーパミンが枯れてくる
のだとか。しっかり咳が出ると、気管の方に食事や痰などが入ったとしても、咳払いで出すことが出来るから、肺炎にはなりませんよね。

おおっ!すごいぞ、痛みの伝達物質、サブスタンスP!

==============================
ばあこが幸せーな気持ちになれるように、咳払いがしっかりできるように、口腔ケアもしっかり学びたいと思っております。わたしの歯みがき介助は、まだまだ嫌がられますからねえ〜。





gunjoaen



【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とする。享年104歳ばあちゃんへの”いっちょかみ介護”を親戚を交えて22年行う。(在宅9年半施設入所12年)お面白く辛口も含む切り口は、家族介護者だけでなく介護職や医療関係者からも秘かに支持されている、オホホ。骨格大好き。

◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ不定期連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。