イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

お風呂に入れる幸せよ。ぽちゃん。

12月 06 2013 | 介護福祉用具

おふろふろふろ入れてる?

おふろふろふろ入れてる?

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛と申します。

おっちらおっちらと、お風呂に浸かる。元気な時は、いちいち湯船に入る時に、またぐことなど意識しない。どんな高さがまたぎやすくて、厚みがどれ位かなんて気にもとめない。

浴槽の縁の高さが40センチぐらいがまたぎやすい高さだとされているという。(日本では)

ふーん、と思いながら、またメジャーを持って、ジブンちのお風呂の浴槽の高さを測ってみた。おお、33センチである。低めなのかしら。よっこらせで跨ぎます。

お風呂はスペースが狭いにもかかわらず、一番様々な動きが必要とされる場所なのだという。足元がすべってつるんということにもなりかねませんし。体調が優れないときなども、充分に注意が必要であります。

寒い所から急に、うーさぶー、といって、熱い湯に浸かるのはお気をつけ下さい。(わたしか)
血圧が急に変化いたします。もう当たり前のように言われていることですが、やっちゃいますね。うーさぶさぶ、de ざばん。

あーさぶさぶ。 お部屋も浴室もちゃんとあっためて。
ぽちゃん。

今日もお疲れ様です。布団で寝られる幸せよ。しみじみ。


gunjoaen



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護とコミュニケーションの現状と問題をユーモアをまじえて発信中。”いっちょかみ介護”実践する。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。