イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

食事介助での気配り・食事の姿勢「自宅で介護お助けヒント集」

11月 15 2013 | 介護の工夫

自宅で介護お助けヒント集gunjoaen

食事の姿勢「自宅で介護お助けヒント集」gunjoaen

本日公開されました。介護ライブラリでの連載記事です。画像は記事のスクリーンショットの為、ここでは読めません〜。ゴメンナサイ。

群青亜鉛「自宅で介護お助けヒント集」第10回〜食事の場面での気配り編(2)〜食事の姿勢こちら。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

家族介護者の皆さんは食事介助で難儀されてませんか?

私は祖母への食事介助は毎回ドキドキします。今日は体調どうかしら〜?と。

でも慣れでしょうか、コワゴワではなく、結構がさがさと食べてもらっていると思います。ものすごいムセが続くとお手上げよう〜と、少々ビクビクします。慣れすぎもいけませんな。

上手く食べてもらえている時は自分の介助がいいからではなく、祖母の体が頑丈だったり健康だからだよねと思います。

食事の姿勢の大事さを痛感しますが、その基本の根拠があっても直ぐ理解出来るもんじゃないなあ、と思います。何といいますか、こう、、、複雑にからみあっているので、なんとも断言できにくいと言いますか、、、。実行も、、、試行錯誤。

わかりにくいことばかりの食事どきの姿勢。アドバイスをもらっても、なんかちがうよねえ、、、とハテナになりがちです。体は様々だから、人によっても異なりますし、失敗して、、、なんでやろ、と思って考えて、知識を得て、また試してみて、、、、。そんな事の積み重ねかしらんと感じます。

でもそんな悠長なこと言うてられません。窒息したら大変です。誤嚥性肺炎になる可能性もあります。

家族介護者の皆さんは、目の前の、家族の介助のお悩みが少なくなったらひとまず安心。一日3回の食事。ポイントがわかれば、大分楽になるのでは。。今回はそんな食事時の姿勢に関して描いています。日頃お悩みの方々の、ちょっと目の前が開けるきっかけになるのでは。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

群青亜鉛「自宅で介護お助けヒント集」第10回〜食事の場面での気配り編(2)〜食事の姿勢
本日公開こちら。

飲み込みの時の首の姿勢についてもわかりやすく描いています。食事姿勢の疑問がちょっとは晴れるのではないでしょうか。イラストと本文を連動させてしっかり読んで戴けると、うれしいです。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : イラストレーター】

介護ライブラリにて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。