イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

肩甲骨って、グラグラするんだ。

10月 18 2013 | 人の身体と動作

けんこーこつだ

ケンコーコツがグラグラするなんて、考えたこともなかった

肩甲骨って、グラグラするんだ。

群青*介護ブログと名付けているが、近頃は、群青*カラダのふしぎブログとタイトルを変えてもいいんじゃないの、なんて思ったりする。

能動的な不思議というよりも、だんだん年齢を重ねるに従って、カラダってこっ、、、こんなに変って行くの?知らなんだ!?というところで、、スポーツをする為の前向き研究とはちょとちゃうのですが、毎度毎度、不思議に包まれる、いや、狐につままれるようなワタシです。

★ ★ ★

さて。本日のご登場は、けんこーこつさんです。

肩甲骨というのは、肋骨にくっついているように思いますが、いやいやそうでなく、なんだか浮いていらっしゃるご様子。いろんな筋肉に支えられてどうにか位置を保っているのかしらん、とよくわからぬまま思っていたりします。コリコリにこりなさるのも、大概はこの周辺。結構カナメのような気が致します。

私らは普通にテーブルに肘を着くことができるのですが、
うちのばあちゃんの右の肩甲骨はどうも違うのだそうで。
肋骨に対して動くのは動くのであるが、
ふにゃふにゃで支持にならないそうだ。

どういうことかというと。
肘をテーブルについても、突きあがるばっかり。
支持にならないのだという。

なんじゃそれは?

じゃ、寝そべって肩肘ついて、頭を支える、なんてまず無理無理な肩、ということ?
ぐんにゃりにゃり子さんになってしまうということか。いや、その姿勢自体とれませんが。

一方左の肩甲骨の方は、しっかり稼動性もあって、固定性もあるのだと。
こちらはどうにか、スプーンを持って、食事が出来ている。

むむ?肩甲骨に固定性?

いやはや、そないなこと、考えたことありませんでした。

ちょっとまた、お勉強してみんとね。
あ、イラストは、正しい図というわけではありません。
すけっちすけっち〜。あなたのイメージのご参考まで。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

プロフィール :在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信16年目。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。