イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

職員さんとは直接会ってお話するのが一番。

10月 07 2013 | 介護の工夫

くっさめ2013

くっさめ2013

FAX便利-介護施設との連絡


祖母の入所する特別養護老人ホームの主任さんとは密に連絡を取りたいのだが、家族が介助に行く日と主任さんの時間と出勤日がうまく合わず、なかなか会えなかったりする。その場合、FAXで連絡するのが一番!となる様に思う。

その日の勤務体系によって、仕事の内容が異なり(?)動きが違うので、お電話していい時間が読めないためであります。

緊急の場合、パッと電話を入れてつないで戴いたりもしたのですが、あらっ!今は大忙し!な場合も多々ありまして、、、。
で、近頃は、漸くFAXで用件を送らせていただく様になりました。

そのあと、折り返しお電話を戴いたりして、主任さんと家族介護者のワタシとで、連絡内容を再確認するわけです。
便利、便利ね。FAXちゃん。

直接顔を合わせて話すのがよいわ。

でも、、、、やはりお電話では、お顔が見えないので、表情が見えませんので、伝わりにくい様に思うのです。グンジョウは、いまだに電話は得意ではありません。

祖母のおしりの傷とか、栄養のこととかで、今お話しないとまたタイミングが合わないことになりかねず、ああ思い立ったが吉日よ、とばばっ!と向いましたんです。

直接お会いして,話すと早い〜!!
その時、あっ、そうだそうだ伝え忘れていたことなどなどを、思い出しつつ、実際に祖母にも話しかけながら、事を進める事が出来るからです。思い違いや勘違いもそこで修正可能。

行くと、職員さんとちらりとご挨拶も出来ますし、看護師さんともちょちょっとまたお声掛けが出来たり、、、。合間にちらっと、職員さんが朝の祖母の様子を知らせに来て下さったりして、その他 個々の職員さんなりの、祖母の状態への判断を伺う事ができます。これが貴重〜っ。

まめに行くと、自分の介助も慣れるので、楽になる感じがします。

介護者の気が済む済まない、果てはなし。

介護は介護者の気が済む済まないが大きく関係するなあ〜と思います。
祖母のことは思いはすれど、行動してる最中は、その実、自分のことしか考えていない様な気がしますのよねえ。
自分がしんどかったら、いい感じで対応出来ませんし〜、きりきりしてあたってしまいますしねん。
嘆きながら介助するという、押し付けがましい介護をやってしまいます。

自分が気がすむまでせんと、気がすまないのね。

介護-自分の中でどれだけ折り合いをつけるか

姉にそんなことをおっちらと話をしていると、、、姉は言いました。

「介護って、自分の中でどれだけ折り合いをつけるかなのよね〜きっと。」

あら、素晴らし。その通りね。その通り。人生の格言みたいじゃないの〜。

まっ、毎日折り合いつけながら、自分がぶったおれないようにと思いつつ、
そこそこほどほどで行きたいけど、結構無理しちゃうのよねん、きっと多くの方がそうなんじゃないでしょうか〜。

まあまあ、やっぱり美味しいお茶を一杯。
あるいは、好きな香りを、ひと嗅ぎして、深呼吸、、、、。かしらね。

gunjoaen
【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : 介護イラストレーター】


プロフィール:在宅で9年半 親戚同士で介護の後、102歳の特養ホーム入所中祖母”ばあこ”をトキドキ通い介護中11年目。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて1998年より発信して16年目。

著書は2冊(共著も含む)。アマゾンではこちら→群青亜鉛の「介護の工夫」本

イラストメインの本を出して下さいというご要望は多数戴いておりますが、申し訳ありません、まだですねんのねん。

介護ライブラリにて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。