イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

そんなに言うたら施設は嫌がるんとちゃうか?

10月 11 2013 | 日々日常

ぴーちくぱーちく

ぴーちくぱーちく

素朴な疑問である。

父は言うた。父は問うた。

「そんなにいろいろ言うたら、施設は嫌がるんとちゃうか?」

あまりにも、白熱して、特養入所中 祖母のことで母と娘のワタシが話をしているので、どうにもこうにも心配してくれている様である。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

FAXをがんがん(?)いや、それは誇張表現。
週に1回程?
施設に送らせていただき、(中心介護者の母にも送るので、同時に父もそれを読むことになる)
電話で主任さんやケアマネさんとお話をし、
あーでもない、こーでもないと。心配ごとも正直に伝え。

母とも、電話やら、Ipadで話をし。

父は直接的に介護をヘルプしているわけではないのだが、
心配してくれるだけありがたいですなあ。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : イラストレーター】

《↓追記です2013年9月》
ぐんじょうあえん:在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて1998年より発信して16年目♪

介護ライブラリにて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。