イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

眉間が痛いっ!のじゃっ!

10月 03 2013 | 日々日常

iPadでばあこ介護についてTV電話。

iPadでばあこ介護についてTV電話。

なんだか、まるで祖母ばあこを再び自宅でカイゴしている様な錯覚に陥る。まだ続くか?母上との言い合いが?前回の続きです。

今は2013年の現在である、あれは20世紀での出来事だった。今は21世紀ではないか。

20世紀中も、ハハとは、面と向ってでっかい声での言い合いをショッチュウやっていた。寅年と巳年の闘いは激しい。話す内容は同じだ。同一人物、主に102歳ばあこの事に関してである。(詳しくは、宝島社より出版している拙著「ばあちゃんドタバタ介護挌闘記」参照。アマゾンはこちら

現在は文明の利器だ。iPadのフェイスタイムというTV電話のようなものを使ってのやり取りである。ゼイゼイ。。信じられんグライ大声になっているのだがその実感がない。なぜなら和室だからか。音は吸収されているからか。 

本日の祖母の様子はどうだったああだった、その日介助の内容の報告会議であるのだが、いちいち母親からワタシがヒッシのパッチで取り組んでいる車いす調整に関しての文句が出てくるのがしゃくにさわる。

くくく。こちとら、ししょーおーふちPTにシーティングをして戴いて(このあたりの表現は毎回微妙に悩む。時に尊敬語、友人語、ないまぜになる)、スタッフさんにわかりやすい形にしての努力の結晶なのであるぞよ。(とは書いたものの、ううう押し付けがましいのね、私きっと。) 

母上より噴出する文句に対してのアーダコーだを、こちらは全身全霊込めて話をしている感じだが、お互い言いたい事を言うだけで会話になっていない為、話し終えると脱力感、虚無っ!な感じである。

母への懇願。
祖母の様子をケイタイカメラで写す時は「頼む、8メガなんて重たい画像は撮るな送るなっ!0.3メガで十分だ!」とケイタイの操作の伝達をフェイスタイムを見ながらやりとりする。

アタマいたっ!とは口からこぼれるが、どうも頭が痛くなっているのではない様子。眉間に力が入り皺がより過ぎて、眉間が痛いのだ。
そう、眉間がこるのだ。肩こりではない、眉間こり。である。目はどんどん三角や四角に変わる。お互いエスカレートして、放つ言葉がトゲトゲしい。

あんたの好きにやりなはれ

ああっ。もう、うるさああああい〜ん!!好きにしろっ!わかったっっ。外せ! ばあこの右片麻痺を食事をし易い姿勢に整える為に、座面につけた傾斜の板を、外せっ!母上が介助する時は、好きな様にするがいい〜っ! 自己責任でやってくれ〜っ。
(胸中:おしりにかかる圧が変るから、それもいいかも、、、。)

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
次の日、施設へ昼食介助へてくりてくり。行くと、スタッフさんが排泄介助をして下さっている最中でした。

その傍らで、その母との言い合いしたことを話すと、スタッフさん祖母に話しかけることには。

「いいわね〜ばあこさん〜かまってもらってて〜。私も自分の娘に言うときますわ〜、それぐらい構ってね〜、ってね♪」

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

むむむむむっ。あららっっ。

あらま。あれま。

【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : イラストレーター】

ぐんじょうあえん:在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて1998年より発信して16年目♪

介護ライブラリにて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。