イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

バスの進化(バリアフリー化?)

10月 18 2008 | 街のバリアフリー

97歳の祖母は元気である。今日食事介護に言ったが、どうにか自分の力で呑み込みが出来る。特別養護老人ホームの食事は実際至れり尽くせりだと思う。6皿ぐらいあり、どれも、ミキサー食ではあるのだが、スプーンに乗り易く、口に運び易く、呑み込み易い適度な固さである。これを自分の家でやろうと思うと手間がかかりすぎて無理だろうなといつも思う。食事を作ってくれはるスタッフさんに感謝であります。

さて、ばあこに会いにバスをよく使うせいか、バスの車両の移り変わりにどうしても目が行く。手すりはもちろん、座席の向き、並び、高さなど。使い易く進化している。今日の発見は、すごくいいところに手すりが出来ていたのでその驚きを〜。と言っても、座席をあげると車椅子が固定出来るようになる空間が出来るバスなのであるが、普通ついている椅子の向こうに手すりが着いてるの。(図、参照)これがいいのよ〜。bus_tesuri
バスは横に揺れるから(山道だしね)この窓側の壁に着いてる手すりは、つかむとしっかりと椅子に座れるからとても安心感がありました。ほんとは車椅子用の手すりなんだけど、この位置にあるのはとてもいいわ〜。




【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : 介護イラストレーター
(↓追記2014年10月)
プロフィール:介護とコミュニケーションの現状と問題点を明るくおもろく大真面目に発信中。103歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中12年目。
介護ライブラリ:介護トピックスコーナー「自宅で介護お助けヒント集」連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。