イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

衣類の修理『自宅で介護 お助けヒント集』

9月 05 2013 | 介護の工夫

介護ライブラリ連載「自宅で介護お助けヒント集」衣類の補修編

介護ライブラリ連載「自宅で介護お助けヒント集」衣類の補修編

こちら

今回は、衣類の補修に関して〜。超初心者編です。文頭、文末のリンクから「介護ライブラリ」にとんでくださいませね♪

介護ライブラリでは掲載しきれず当方ブログも参考に

以下は記事の補足です。毎回「自宅で介護 お助けヒント集」の記事は、一回では掲載しきれない程の、濃い〜内容を含んでいます。 足りないところはこちらのグンジョウアエンの介護ブログでガンガン補足しています。(ワカモノみたい♪)

特に、第4回で紹介しました、手指が拘縮してしまって、握り込みがきつい方のためのクッションは、飛び抜けて好評を戴いており、群青*介護ブログでも、閃き次第 次々新しいアイデアを公開しています。

てのひら握りクッションは、当方ブログのタグをご参照くださいね。

衣類の補修。補強。超初心者編

身体の不自由な方の衣服には結構負荷がかかるので、必然的に衣服が傷みやすくなります。特にお尻周りはどうしても。

介護真っ最中の方は、「介助者の方が体力が消耗して、もうしんどくって修理なんてしてらんない〜!」というのが正直なところ。”つくろいものするよりほんま休ませて欲しいわ”というのが本音だと思います。

デイサービスやショートステイを利用されている方の場合、入浴時に、施設のスタッフさんの目にも触れたり、他の利用されている方の目にも触れる事がありますから、衣類は奇麗なものを準備する方も多いと思います。タオルもしかり、ちょっといいのを使ったり♪

ですが〜全部がそれじゃ〜疲れちゃいます。

家にいるときとか、あるいは、だいたい車いすに座っているから隠れた箇所は人目に触れないし、とか、あるいは、特浴だから毎回スタッフさんだけなのよね他の方が目にする事はまずないし〜などの方とか、あるいは介護が長くなって来ると、「もうそんな見てくれなんて、気にしてらんないわ」(介助する家族側の気持ちです)、ってことで、つくろいがザクザク縫い目が大きくなってくるように思えますがいかがでしょう?

自分から動けない方の衣類は傷みがち

特に自分から動けない方の衣類は傷んでいる事が多い様に思います。

だって、家族が介助するとき、絶対引っ張りますもん! あかんとわかっていながら、、、。勝手なもので、介護スタッフさんには、引っ張って欲しくないんです。荒っぽくうちのジジババ扱っちゃ嫌よっ!とね。でも、家族は「まいっかしょがないじゃん」で引っ張っちゃいますのん。
うーむ、そんなこともあるわね。で、お許しを。「まぁいいか、しょうがないじゃん〜」が出来るのは、ご本人が元気な証拠ですから〜。丈夫さに、感謝っ!

そして、寝ている時には、想像以上に身体に圧がかかっています。重力があるチキュウですから仕方ありません。これで擦り切れも起こりますのね。

気持ちにゆとりがあるときにどうぞ


さて。このつくろいもの。気持ちに余裕があるときのみ、お試し下さい。

今回イラストで紹介しているのは、母の修理の例です。母の名誉の為にも言うておきますがお裁縫は得意な人で、ベテランさんであります(笑)。服縫いというよりも、モラとか、革細工とか、ちみちみっとした手仕事を、あまり気にせず出来る人です。

しかしながら、手先器用ですが つくろいものに関しては、見た目より着心地肌触りが良かったらいいのよ〜んな豪快さ。

祖母の履き古したメリヤス編みの軍足とか、肌着(ちょっと厚めのシャツとか)、綿100%の古布を、これ修理に使うわね〜と自宅に持って帰り、祖母の傷んだパッチや下着のおパンツ様など、伸びてもいい様に、ゆとりをもたせて太めの糸でざくざく修理してはります。裁縫する目も疲れるから大きい縫い目で充分よ、とのこと。 縫い目は細か過ぎるとシンドイですからね。そのさじ加減がやはり上手いんです。

ちみちみっとな修理はワタシも嫌いではありません。ジーンズの穴あきなども、超マニアックに手縫いで、布を織ったような感じで修繕するのも好きですが、マニアですから極端です。 つくろいものは、母の様にそんなにいい感じにふわっと肌触りいい感じには出来ません〜。

乾燥機の使用頻度が高い場合も傷み易いのよネ

祖母の様子をみていて、特養に入所していても乾燥機を使用するせいか、結構下着なども傷みます。そのため、最低限針と糸は使える方がいいなあ〜と思う次第です。
お裁縫の嫌いな方も、お気に入りのグッズなどを揃えて、何かの時に腰が重たくないようにしてみて戴けたらと思う次第です。

あら、長くなりましたが,介護ライブラリに飛んでくださいませね。

今月号の、『自宅で介護 お助けヒント集』〜衣類の補修編〜はこちら

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん):イラストレーター】
在宅で9年半 親戚同士で介護の後、102歳の特養ホーム入所中祖母”ばあこ”をトキドキ通い介護中11年目。カイゴのつれづれを、介護者家族の視点から、えっちらおっちらウェブにて1998年より発信して16年目♪


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。