イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

手指の握り込みが強過ぎて、クッションがはめにくい人の為のグローブ

8月 13 2013 | 介護福祉用具

拘縮緩和?グローブ発展型

拘縮緩和?グローブ発展型

てのひら拘縮緩和?グローブ

グローブ結構いいぞ!ニューバージョン。

こんにちは。イラストレーター群青亜鉛です。先日は2週間ぶりに特養入所中の祖母のところに行け、肩の荷が降りました。行けないと罪悪感の塊になるのです〜。一通り身体の状態等が確認出来ると、責任が果たせたような感じでナチュラルハイになれます。単純なものです、わかり易い自分であります。

てのひら拘縮緩和?グローブ。
はいっ。結構いいニューバージョン。アップ。これなら軽い。あまり暑くありません。クッションというより、グローブです。 皮膚の保護がほとんどの目的です。手の指関節の拘縮予防?とんでもない〜。そこまで高度な効果は期待出来ませんのであしからず。

はめるのもどうにか簡単。手のひらと甲を逆に装着しちゃっても、どうにかいける。手のひら側に既に綿やパンヤが入って膨らんでいると、はめられないんです。悲しいかな。

既に手作りバージョンをいくつか作って頂いている方なら、パパッとイメージして戴けるのでは?と思って、解説をほとんど省いてまずは速報(^^)/

↓こちらの記事にはてのひら拘縮緩和?クッションの基本型が。ご参照下さい。

介護ライブラリ『グンジョウアエン 自宅で介護お助けヒント集』
~手指を保護するクッション編~

グンジョウ介護ブログの過去の関連記事です
「てのひら握りクッションで」タグを作りました。こちらもご覧下さい。
baa.gunjoaen.com/blog/tag/hand-sewn-finger-contracture-cushion

すぐ出来る応急手当の位置づけ?

正論で言えば、車椅子のシーティングや、寝姿に対してのポジショニング等で、安楽になると、握り込みがなくなり、握ってもらうクッション等はいらなくなる、、、と、思うのですが、全ての方がそこに辿り着けるわけではないと感じます。

そして、辿り着けたとしても、常にそれをキープするのは簡単では無い様に思うのです。数多くの方の介助の手が入る場合はなおさらです。

だもんで、その、中継よう〜。今困っている人に対しての、すぐ出来る絆創膏みたいなものかしらん。

そのあたりはまた書きますね。



【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:イラストレーター

在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。
2013年9月神戸で個展♪ご案内こちら
介護ライブラリにて:「自宅で介護お助けヒント集」連載こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。