イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

ちょっとお洒落に写真で作り方を解説。てのひら握りクッション手首止め付き。

8月 11 2013 | 介護福祉用具

手のひら拘縮予防?クッション作り方

手のひら拘縮予防?クッション作り方

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。

少しずつアップしていた、てのひら拘縮(こうしゅく)予防?緩和?「てのひら握りクッション」。祖母”ばあこ”にはいつもつけてもらっています。 おかげさまで大好評の様子で感謝です。ということは、それだけ困っている方が全国に多いということですから切実です。

少々気持ちに余裕ができたので、順番を画像にてアップ致します。 プリントアウトしてもらっても、どうにかわかる解像度だと思います。番号の順を追って、見て下さいませね。

てのひらの握り込みが強過ぎて、皮膚が傷になってしまったり、水虫になってしまったり、ただれてどうしたらいいの〜と泣きそうになっている介助者さんのために、ホームソーイング出来るクッションです。手をよく動かす方だと、どうしても外れてしまうため、加えて、ポジショニング等を正しく行い、体が緩んで来た方の場合は手も緩み、すぐに落ちてしまうので手首留めをつけました。

中に綿を入れず、綿100%のドライバー用手袋で作ったものです。

解説はなしですが、今までの書き込みを参考にしていただければと思います。(タグよりどうぞ〜末尾記載しています。)

縫い目が大きくても、多少フィットしなくても、どうにかなるものです〜。汗を吸い取ってくれて、指通しがくっつかないようにしたいわけですから、それがクリア出来ているなら、オッケーであります!これから皆さんがさらに発展させて作って下さったら、グンジョウアエンはとっても幸せです〜。(^^)/

あらら、最後の2画像は別の時のものですから右と左逆になってます。くるんと表裏ひっくり返したら、右用にも左用にもなりますので、気持ち楽〜につくってくださいませね。(それでも手首留めが逆ですが、使い勝手のいい方にしてください。どっちかが収まりがよかったのですが〜。)

材料:ドライバー用手袋一対。針と糸。マジックテープ(画像では茶色い箇所です)。

↓こちらの記事を見てもらうと、基本のところの縫い方がお伝え出来るかと思います。ご参照下さい。
介護ライブラリ5月号 『グンジョウアエン 自宅で介護お助けヒント集』~手指を保護するクッション編~
こちら

グンジョウ介護ブログの過去の関連記事です
「てのひら握りクッションで」タグを作りました。こちらもご覧下さい。
baa.gunjoaen.com/blog/tag/hand-sewn-finger-contracture-cushion

用語解説です。
【関節拘縮】articular contracture
 関節構成体軟部組織の損傷後の瘢痕癒着や不動による廃用性変化の1つで,関節包,靱帯などを含む軟部組織が短縮し,関節可動域に制限がある状態である。 長期間の固定などにより,筋や皮膚などに原因がある場合は短縮(tightness)とよび,伸張運動により改善する。 関節包内の骨・軟骨に原因があり,関節機能がない場合は強直(ankylosis)とよび区別され,伸張運動の効果は認められない。

日本褥瘡学会用語集より

ドライバーズ手袋は、Lサイズでもちょっと小さめに感じます。
とても大きい手をされた、殿方用には難しいかもしれません〜。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題と次の一歩を発信中。祖母への”イッチョカミ介護”実践し22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。