イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

えぷろん、えぷろん。

8月 10 2013 | 介護の工夫

20130810epron

20130810epron

介護ライブラリでの連載、群青亜鉛「自宅で介護お助けヒント集」第7回、エプロンの工夫編を書くにあたって、昔祖母に使っていたものがまだ販売されているかどうかをネット検索してみました。

ららら、見つかりました〜♪ご参考まで♪

イラストは1998年に開設した「群青亜鉛のばあちゃん介護」、自分のホームページ用につくった画像です。10年前のものを再度お目見え〜♪

こちらのエプロンは東急ハンズの25年のロングセラー商品なのだそう〜。素晴らしい〜。祖母に使っていたのは21年前〜16年前だもの〜。拍手〜パチパチ。

10年前はネット検索しても、見当たらず、直接行かなきゃわかりませんでした。今のネット力は凄いものです。
hands.net/goods/4535017000140

◆商品仕様・スペック◆
カラー[本体]:透明、[テープ]:紺
本体サイズ:(約)縦85×横70cm アクリルテープ、アクリル紐、金属
素材:[本体]ポリエステルクレネット(フィルム×基布×フィルム)、
原産国:日本

普通のエプロンぐらいの長さです。
これに、塩化ビニルの45センチ四方のミニテーブルクロスのようなものをあてていました。

いや、最初はこのまんま使ってたかな?

結構頑丈なエプロンです。名称がレインボーエプロンと言うのだそう。再度、自分のHPの生地を読み返してみると、3年はもつ、とありました。 1センチの間隔ぐらいで、その生地の中に格子状に細く芯がはいっています。最後には、裂けて破れてきてしまいます。

マイナス点はと言えば、この周りのアクリルテープが布製ですので、濡れたらなかなか乾かない事と、汚れやすい事でしょうか。毎回洗えません〜。

介護が始まってから、確か東急ハンズで買って、震災時はぼろぼろになるぐらいで、また2枚目を買って使っていた覚えがあります。在宅介護の半分の期間はこのセットで過ごしていた様ですね。

以上、「ちらかしても何でもいいから、自分の力で食べれ〜食べなはれ〜♪」といううるさい家族の意志のままに、祖母ばあこに、自宅で使っていたエプロンでした。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん):イラストレーター】
在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。

《2013年9月神戸で個展♪ご案内》>こちら

《介護ライブラリ》:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中>こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。