イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

早めにお知らせ。こてん、こてん。

6月 18 2013 | おしらせ

『骨盤の日光浴3』グンジョウアエン

『骨盤の日光浴3』

グンジョウアエン 群青亜鉛 イラスト展

『骨盤の日光浴3』
〜介護で気づいたカラダとコッカク〜

9月に、神戸三宮で個展をすることになりました。

日程:2013年9月19日(木)~24日(火)
時間:午前10時半~19時半(最終日は、17時まで)
会場:神戸 三宮インフォメーションギャラリー

? 三宮 HATENA !

sannomiya_info

会場住所:神戸市中央区三宮町1-9-1 センタープラザ1階生田筋側
Tel:078-393-3358
ちょうど、ジュンク堂のセンター街をはさんで、向いになります。

ギャラリーHP>? 三宮 HATENA !

ギャラリーアクセス>? 三宮 HATENA !

《作者からのメッセージ》
介護なんてまだまだ先よと思っていらっしゃる方も、体が思った様に動かず難儀な思いをしておられる方も、まだあたしゃ若いわよ、な方も、そうでない方も。くよりがちな方も。お仕事で介護に携わっておられる方も。介護中のご家族の方も。ワカモノも、オチビサンも、どんな方でも。

来て見て感じていただいて、くすっと笑って頂き、
あれやこれやと想いを馳せて頂けると幸いです。

《イラスト展 主旨》
100歳を過ぎた祖母の生命力には驚くばかりである。
どんなカラダの状態ですか?と訊かれれば、
「骨が丈夫」この一言に尽きる。

骨って大事。カラダって大事。なんと言っても中心は「腰」かしらん。
ここを痛めると大変で、何をするのも億劫になる。
曲がったり伸びたりで忙しく、
常にカラダを支えている「カナメ」である。

「隠されがちな腰周りの様々な事が、あっけらかんと話せる様になると、全ては上手く回る様な気がする。」

祖母への介護を通して、そんな風に感じている。

老いや終末期についても、もっと普通に話せる様になったらね。
そんな思いを、サンサンと太陽に照らされている骨盤のイメージと重ねました。

現在介護中の方で、もし、外出出来る様でしたら、ぐんじょうさんの展覧会、行こ、と言って連れ出してみて下さい。結構いい気分転換になると思いますよ〜。

Gunjo Aen’s solo exhibition 2013 ‘Sunbathing of pelvis 3′.
【群青亜鉛(ぐんじょうあえん):イラストレーター】


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。