イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

重い引き戸は早めに修理を

9月 09 2014 | 日々日常

重たい引き戸ーガタガタ戸車

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。

襖しかり、障子しかり。日本の和室での所作の美しさは、きちんと家の什器(じゅうき)のメンテナンスが出来ているからなのね。力を入れなくても開け閉め出来るように、手入れがなされているからなのね。美しく出来るのね。

昔ながらの(在来工法)引き戸の多い家の、手入れの大切さを実感する出来事がありました。

「もう嫌だ!この引き戸、重たくて肘と手首が痛いんだ!修理してくれ〜!!!」オットに絶叫。
昨年の2月ゴロ、とうとうワタクシ、気持ちがちぎれてしまいました。
涙が出るぐらいからだが痛いとはこのことか〜。自分でもびっくりしましたが、本当に戸が重たくて手首が痛くなって指先も痛くなって泣けてくるのです。日常のことなので痛みが積み重なるしんどさを実感。

自宅の戸は引き戸ばかりです。(殆ど板戸なのよねん。)

例外がトイレとお風呂。これはどちらもドアノブがついているタイプです。コレは問題ありません。

結局、引き戸を数枚外してもらって、戸車を付け替えてもらいましたが、戸自体も重たいのですね。外すだけでも大変なんスけど、、、。

引き戸には全部滑車がついていたのですが、滑車の樹脂部分がもうボロボロで、凸凹状態でした。その滑車がギッタンバッタンしながら、がたがたと扉が開いていたのです。力がメチャクチャいるのです。(こんな作りなのね〜は、イラスト参照)

日常の不自由は、大変になるまえに、早めに解決を、、、。
でもでも、年齢を重ねると、こんな修理、大変で出来んようになるなあと感じました。お願い力を、磨かにゃ〜ひゃあ、大変だ。

さきほどのは、オットにやってもらったDIY(※)でありますが、自分でやったもんねなDIY(※)は、水道の蛇口であります。さあ今年だ2014年!

昔ながらの指先でひねってくるくる回す水栓は、指先が痛〜いの。これも疲れがたまると泣けてきます過労よね。ホームセンターでたまたま見つけたレバー式の水栓、即買いっ!かかった費用は200円弱。デザインはもうひとつですが、毎日の炊事が楽になったわよう〜。それでも回転一回転半なのでめっちゃぐるぐる回さないかんのですが、指先でひねる式よりは楽なんです。
これに関してはまた近々書き込ませていただきますね。

(※)DIY(ディー・アイ・ワイ)は、専門業者に任せずに自らの手で生活空間をより快適に工事しようとする概念のこと。英語でDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身で作ろう」の意。ーWikipediaよりー



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題を発信中。祖母への”いっちょかみ介護”実践し22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | 2 comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

2 Responses to “重い引き戸は早めに修理を”

  1. poco-mama

    引き戸 蛇口 懐かしい居住空間の建具など 亜鉛様のブログは拝見していると想いでに浸れます。

    引き戸が重ーいということは遮音性に優れているのでは?我が家の戸はほとんどが引き戸、軽くて防音も保温性も↓

    動きが悪く重くなるのは 私の「脚」もしかり。
    メンテナンスには、早めの手当て、ですね(*^_^*)
    すり減らさずに動かし、軽々ラクラクであるために自分の体へのDIY 工夫します!

    09 9月 2014 at 11:40 PM

  2. gunjoaen

    poco-mamaさま。書き込みありがとうございます。なんと さりげなく、巧いっ!とつぶやいてしまうコメントでありましょうか。

    そうですか思い出くすぐるブログですかフムフム。
    おそらく今後住まいに関する内容を記すと、そう思われることばかりでしょう〜。

    重たい板戸は、確かに遮音性にはすぐれているかもしれませんが〜。
    体に負担を感じない建具がよいです。

    それがなかなかなんですが、お手入れと手当て、気がついた時に、ちらっ、ちらっと、、、。

    またいらして下さいませ。

    11 9月 2014 at 6:27 PM

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。