イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

お湯に沈んでぷかっと浮いてみる。

4月 26 2013 | 人の身体と動作

お湯に沈んでゆっくりどうぞ

パソコンの使い過ぎで目が疲れてしまった時のリラックス方法です。介護で疲れ果ててしまった時も、少しオススメ。

そんな時は、お風呂に入った時、顔ごとお湯につけると、ほっとして、頭蓋骨のこわばりが緩むような気がいたします。

洗髪後、頭の先っぽまで浸かり全身沈めてしまうというのも、とても気持ちがいいと私は思っています。ぷかっと体がウキウキ浮きます。いらない下界(?)の音がまったくしなくなるのも、魅力です。

興味がおありの方は、一度お試しくださいませ。

でも、居眠りしそうなぐらいお疲れの場合は、そのまま眠って溺れてしまうこともあるかもしれません。 楽しさと危なさは背中合わせ〜♪ 充分ご注意くださいませね〜。

【群青亜鉛:介護イラストレーター 】
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。