イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

バリアフリー2013 インテックス大阪 感想

4月 21 2013 | 介護福祉用具

Barrier free_gunjoaen
こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。

※2015年バリアフリー展 の感想は、↑上部のタグ:「展示会・展示場」をクリックされると、順に表示されます。

バリアフリー展 2013、3日目の最終日に再び参上、高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展、第19回。うーむ。毎回時間が足りません。 (結構書き直していますので、毎回更新してからご覧くださいませ。)

実践の蓄積と、知識の更新?〜福祉機器・用具事情?

いい介護福祉製品がどんどん出てくるのは出てくるのですが、それを選ぶ目が問われる気がいたします。

知識の更新はもちろんですが、各々方の実践での経験の蓄積もとても大事で、それを元にして、また次に何かを選ぶ時の審美眼が鍛えられると言いましょうか〜。

私が淡々と続けたいのは家族介護者の方々へのお知恵のメッセージ。どの世界でも、だんだんサービスを受ける側の知識量は半端ではなくなっています。インターネットという強力な見方があるわけですから。でも。

介護の世界も、、、と言いたいところですが、家族介護者が本当に欲しい情報にはなかなか辿り着けません。沢山溢れているように見えますが哀しいかな、情報は偏っています。

部分的にではなく総合的に見るチカラがいるよなあ〜求められるよなあ〜たどり着くまでに翻弄させられるよなあ、、、、情報の偏りはどうにかならないのかなあ、、と、益々感じた今回の総合福祉展 バリアフリー2013 でありました。福祉機器展でもあります。

@@@@@@@@@出展された製品に関して、ざくっとメモ的羅列を、以下。細かい商品については書いておりませんので、ご期待に添えないかもしれません。

ネーミングがおもろいっ!のがいくつかありました。多少は他のメーカーと似た点があったとしても、ネーミングでくすっと笑えると、興味がわくものですな。ほほほ。

大きな有名企業さんより小さな企業さんに目が行きます、と言いたいところですが大きなところはつかみがお上手。きらびやかさに目が奪われてしまいます。つい、感じた商品のヨサなどを話し始めてしまうと、時間が減ってがむばってる企業さんのところが回れなかったり〜。

一昨日も記しましたが、デザインが洒落ているものがどんどん増えています。ベッドも各メーカーさん、デザイン、性能、凌ぎを削っている様な気がしました。やはり、洒落た製品のほうが、気分がいいですもの〜♪嬉しいですわ。

クッショん

いい商品があっても、会社によっては、主力でないからチカラを注いでいない場合もあるのだな〜との気付きが今回ございました。 群青亜鉛 祖母の車椅子の座面に使っているジェルクッション、とてもいいのですが、殆ど表舞台に出てきません。疑問に思って既に2年と半年。

ブースを見つけ社員さんに尋ねてみたところ、メーカーさんにするとおまけみたいな製品なのだそうで、現在はホームページにも載せていないんじゃないか、、、とのこと。(@。@) きゃあー。驚きです。

他社さんが似た感じの製品を発売されているのですが、繊細さは祖母が使ってる方が遥かに上よねぇと思っていたところの社員さんのショウゲキ的お言葉。 我関せずといった様子の太っ腹?そんな製品もあるのね〜と私ビックリした次第。

お風呂の手すりや椅子もどんどん高度に。持ちやすく滑りにくく、設置しやすくなっています。手すりの便利さを再認識している私は、手すりも気になる所です。

toilet3グンジョウアエンどうしても気になるのがポータブルトイレ。二極化している気が。
ポリ製の、トイレット〜♪な外見のものと、家具調と。もっと明るい色があってもいいのにね。使い勝手だけでどんどん掘り下げられているのでしょうかね? ポータブルトイレのウォシュレット化が進んでいます。

最初に述べた感想と重複しますが、品物はどんどん多種多様、高性能になっています。そのため、レンタル業者さんや、介護福祉用具の支援者さん、福祉住環境整備に関する支援者さん、販売員さんの技量が問われる気がします。

どんどんガラパゴス化の傾向がなきにしもあらず? 日本だけじゃなくて、アジア圏や世界への進出も念頭にいれないと、広がらないなあ〜という気がしました。偉ぶった事を申し上げすみません。

国内でのこの熱さ、展示会に来ると実感できますが、介護家族にはなかなか実感というまでは、、、。無理ですね。 画期的だと感じた製品については、皆様、どうぞ周りの方々に、熱く熱く、お話下さいませね。

同時に海外事情も気になりますね。ポータブルトイレは、欧州など日本程は使われていないように思えますがどうなんでしょう?

今回住宅改修に関してのコーナーをあまり見ることがで来ませんでした。来年は、しっかり見たいです。

毎年出品されていたのに、今年は出していないメーカーさんももちろんありました。大きな展示会に出すメリット、出さないメリット等もあるのでしょうね。

ああそうそう、椅子、椅子。ハイバックチェアの安価な家具調のもの、どこか造っていただけませんでしょうか? まず売っていませんし、販売されていません。今回家具の関係も何社かありましたが、まったく無かった気がします。どうでした?(今回スチール製のフレームの椅子が目立ちましたね。)

170センチぐらいの人が座るようなものは欧米仕様は大きすぎます〜。幅も小さくていいんです奥行きも。

正座する方が楽な方や、しゃんと背筋を伸ばして座った方が楽な方は、頭の上まで背もたれがあるようなハイバックチェアがお薦めだと聞きましたが、小柄な人に合うものはまずありません〜。肘置きがあればなお良し、でありますが。

どこかにいいの、ありませんか? 

取り急ぎのアップアップ、本日。

【追記】 介護ライブラリ にグンジョウアエン月イチ連載中の、自宅で介護、お助けヒント集の6月の回に、バリアフリー2013 の取材記事を掲載いたします。あと一ヶ月先ですが、もうしばらくお待ちくださいませ。

もっと書きたいところですが、我慢、我慢〜っ。
福祉機器展/感想



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題と次の一歩を発信中。祖母への”イッチョカミ介護”実践し22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。