イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

高齢の方が、沢山いらっしゃる展覧会での工夫

3月 26 2013 | 高齢者介護施設

gunjoaen_exhibition1

gunjoaen_exhibition2gunjoaen_exhibition3
先日は、特養ホームで、祖母102歳の誕生日のお祝いをしていただいたあと、その後神戸に向かいました。

オットの施主さんが展覧会をされていた会場がとてもいいギャラリーだったので、次の日に即予約に。けれど受付はまだとの事らしく、資料だけ受け取って帰りました。 

次回のイラストレーター群青亜鉛(ぐんじょうあえん)『骨盤の日光浴』イラスト展は、2013年の秋頃に、神戸を予定しています。 新作も描き貯めないと〜。お楽しみに。

 

* * * * *
さて、今回の展覧会の雰囲気はこんな具合です。本格的に展示しています。広いんですよ〜♪気持ちが良くて、いごこちのいい会場なんです。7m×7mほどの、ホールの一角をお貸し下さいました。手前は休憩場所です。来館者が談笑されたり、スタッフさんが食事をされたりするお茶も飲めるスペースです。このオープンさが魅力です。

お客様は、この施設に入所されている方や、ご家族の方、デイサービスの方、職員さん、ご近所の方々、ボランティアの方々が中心でしょうか。

ギャラリーの展覧会では足を運んでもらえない方々に観て戴けることは大変光栄です。

ご年配の方が沢山いらっしゃったので気がつきました。展示テーブルの端っこに、どうしても寄りかかられるのです。

テーブルの端っこギリギリまで展示のイラストを置いていたんですが、昨日慌てて、奥に詰め、手前側には手を付いてもらえるようにしました。

これは、いらしたご高齢の方にご説明しながら何度も一緒に回らせて頂いたおかげです。放ったままにしていたら、絶対に気づけなかったでしょう〜気づけてよかった〜。

加えて、全体的に低めの展示です。車椅子の方でも観られる様にしています。身長が161センチぐらいのグンジョウでも、目線より下に展示となっています。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん):介護イラストレーター】
《介護ライブラリ》:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中>こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。