イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

シビアな内容も結構あります〜介護イラスト展

3月 22 2013 | 高齢者介護施設

『骨盤の日光浴』 群青亜鉛

かうちぽてこ

そうだ、登場人物表を作ろう!

特別養護老人ホームで、「骨盤の日光浴 2 」イラスト展開催中。展覧会が始まって一週間が過ぎる。少々展示内容がつっけんどんな気がしていた。どうしたらいいかいなあ、と考えた末、閃いた。そうだ、登場人物紹介である。

展覧会のイラストの中に登場する人物のイラスト表を作ってみた。

展覧会は、規模が大きい場合はだいたいどこでも回路順番というのがある。 今回はワンフロアのみにて、右から回ってみるか左から回ってみるかしかない。どちらから見ていただいてもよくわかるようにしたいので、登場人物表は、右から見てすぐに一点。左側から絵を見た人にもわかるように一点と、2枚展示した。

こうすると、おそらく突然イラストの中に「骨格くん」が出没しても、映画のシーンでいつもの「ろみ男とじゅり子」(ロミオとジュリエット)が出てきても、若かりし頃約20年前の在宅介護真っ最中「おさげ髪あえんさん」が出てきても、慌てず見ていただけるのではないかと〜。

後半は、施設職員さんの登場するイラストも数点追加。
驚きのプロフェッショナルさは、当たり前のように何気なく日常展開されていますが、自分が悩んだ時にこそ、突然 そこが輝かしく感じるものです。そんなびっくりシーンなど。

シビアな内容もクスッと笑えるようなアレンジで。

家族さんが気になることを伝えることによって、職員さんも家族の方々も意識を高まり、抽象的ではあるが、職員さんも、入所者さんも、家族さんも共によりよい環境を作り出して行けたら、、、。そして、それが全国に波及して、日本の介護の環境がよくなっていったら、、、。そう願うわけであります。それは、高齢者施設にだけではなく、多くの介護関係の業者さんもそうですし、介護にかかわる方々に対してもそう願うわけで、、、。

大きな項目別にキャプションをさらに追加。それぞれのイラストへの解説も増やしました。

介護のイラストだけに、まったく経験のない人にも様々なことを伝えたい。いつもはここに1000文字ぐらいで表現していることなので、一点のイラストにも多くの意味が含まれていることは、良く訪問してくださっている方々が1番良くご理解いただいているかと、、、。それを多くても約20文字ぐらいでまとめて。

へーほーはー、と何かを持って帰っていただけたら、、、。

シビアな内容も、イラストには入っている。基本は体験から出たものであるからして、共感していただけることは多いと思うのだ。

入所者さんもぽくぽく見てくださっている様子。一時間ぐらいぼーっと見てくださっている方もいるそうだ。

現場での展示は、なかなかありません。どうぞ、いらして下さいませ。

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】
103歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信17年目。
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら

骨盤の日光浴 イラスト展
baa.gunjoaen.com/blog/post12192.html


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。