イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

和式トイレを練習しましょう♪を発見

3月 25 2013 | 介護の工夫

how-to-use-squat-toilets

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。

先月、海の見えるデイサービスを見学した。デイサービス、というのは、高齢の方の為の、通所介護施設を言います。

お食事、ゴージャス♪音楽療法を特色とするデイサービスで、その日は施設長さんがギターの生演奏でみなさんが歌います。こちらもなんてゴージャス〜。たっぷり大声でグンジョウも歌って参加。いい運動になりました。

食後の時間に、持参した自分のイラストのボードで、利用されている方々に、ちらりとお話をさせていただいたのですが、うーむお初なチャレンジである。

みんながわかりやすい共通の話しといえば、トイレ。 そう、わたくしお得意のトイレのお話です。

いつものトイレ前傾姿勢のことや、ずっこけ座りになると出るものでませんー、等という話しをしてしまったのですが、いやはや、タイミング悪し。  だってだってだって、食後だもん♪ とほほ。

お下劣だ、と ぷんすかされる殿方もいらっしゃり、その反応に大汗冷や汗でおたおたしながらも、なんとかいろいろと、イラストを回覧してもらいながら無事余興を終えましたとさ。次回はまた対策を練ろう〜♪

さて。ネットサーフィンしていて、みつけた、みぃつけた。

子供さんに対して和式トイレを練習させよう♪ のホームページであります。そうですね、友人知人から聞きますものね。 小学校入学前や,幼稚園入学前に練習させたよ〜って。。。

そうか、、、、足は、その位置に置いたらいいのか、、、。自分の時はどうだったのか、、、、。
そんな、学んだ覚えはないぞ〜。いや、母さん(ハハさん)がきっと教えてくれていたのだ。教えてくれたからこそ、不自由無く、ひるむことなく、現在和式便器と対座出来ているのである。

「いや〜ん、和式なんて〜。出来ないわっ。」とお子さんに言わせ、洋式にならない世間に文句を言い続けるか、あるいはどこででも生きて行ける様にたくましく教えるか。(だって排泄は大事ですから〜)どちらかであります〜。

ご参照、こちら♪
【小学1年生】のママの疑問・不安をスッキリ解決!ママノート
[入学準備]和式トイレの練習をさせましょう

何と便利なのか〜ネットで教えてくれるのね。しかしながら、子どもだけにではない。大人でも身につけたい。

いや、大人も同じ位置に足をついたらいいわけではありません〜。からだの大きさによって、まちまちだもん。自分の身体のサイズを知るのも大事であろうとグンジョウは思う次第である。

本日イラストは会得した、自分のサイズを理解した上で、便器横に測りながら足を置くぐんじょうの図。
足の位置を決めても、お尻の位置は、自分が想像しているよりも遥かに遥かに後ろにあるのである〜っ。

あら、やだ、もう〜っ。皆様ご注意、ご注意♪
(160センチ以上の大人の場合は〜だいたい、金隠しの便器側のふちが、足の土踏まずよりちょと指側位に来るくらいかしら〜)

たくましく生きて行く為に、和式(スクワットトイレット)は出来た方がいいと私は考えます。全世界が洋式なわけではありませんので。グローバルな人材にお子さんを育てたい〜と思われるならば、和式も出来るのがよいと思われますが〜。いかがでございましょうか〜。

【2013年4月16日追記】
リアルな新聞記事はこちらね。
十勝毎日新聞社ニュース
新1年生「困った」和式トイレ2012年3月5日の記事。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題と次の一歩を発信中。祖母への”イッチョカミ介護”実践し22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。