イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

自宅で介護お助けヒント集〜移動・移乗編~〜

3月 07 2013 | おしらせ

介護ライブラリ連載〜移動・移乗篇〜介護ライブラリで連載中の、自宅で介護お助けヒント集 3月号の〜移動・移乗篇〜がアップされました

今回は自宅で出来る工夫に加えて、「なんだかよくわからないわあ」な、ベッドの手すりに関して。そして近頃注意が促されている、介護ベッドの手すりに関してとその関連の情報も。 

ベッド柵で頭が挟まれて窒息等の事故がおこり、消費者庁からは、注意を喚起している。在宅で介護されている皆様、御存じでしたか?御存じの方は、その情報はどこから知ったか思い出してみて下さい。

ばあこの介護をしているとき。病院に入院していたり、ショートステイ中など。なんで、ベッドから転落したかわからないことがありました。どこからすり抜けて転落するのかが、考えつかないのです。青あざのみで済みましたが。

福祉用具を使うことでのヒヤリハットは何度もありました。(今でも、移動リフトで、ばあこを車椅子ごと上げてしまうことはたまにあります〜)

ですので、わかる範囲の危なさは知っておくに越したことはない。そんな風に思います。

介護ベッドに限らず、福祉用具、、、。レンタルを使っている方は多いかと思うのですが、例えば在宅で介護されていて、介護ベッドのレンタルをなさっている方は業者さんとの接点は最初の契約の時だけで、それからは月々の銀行引き落としだけの関係になってしまい、コミュニケーションがまったくない、なんてことありませんか?

グンジョウの知り合いの方は、現在、お父様の遠距離介護中。「銀行引き落としなんてしないわよ〜毎月、集金に来てもらって、車椅子の調子をみてもらったり、電球替えとかのちょっとしたことお願いするの♪」とおっしゃる強者。そんなことも出来ないことはありません。

訪問看護の看護師さんから、あるいは、訪問リハビリの先生から、や、ケアマネさん、や、訪問介護士さん、あるいはヘルパーさん、デイサービスのスタッフさん等から、近所の包括支援センター、介護家族会などなど。

介護情報をあちこちから見聞き出来、気軽に質問出来る関係をつくっていただけたら、と思う次第です。介護に関する情報は日々どんどん変って行きますので〜。

どうぞウェブマガジンの介護ライブラリご覧下さいませ。短い中に、様々な今を盛り込めたら、そんな風にあれこれ考えて発信しております。

群青亜鉛の『自宅で介護お助けヒント集』〜移動・移乗編~〜
02
(スクリーンショットで画面を切り取ったイラスト内の解説文は三分の一です。)

介護ライブラリ
kaigo-library.jp/

群青亜鉛 介護*ブログ 内の関連記事
印象的だったチラシ バリアフリー2012





gunjoaen



【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とする。享年104歳ばあちゃんへの”いっちょかみ介護”を親戚を交えて22年行う。(在宅9年半施設入所12年)お面白く辛口も含む切り口は、家族介護者だけでなく介護職や医療関係者からも秘かに支持されている、オホホ。骨格大好き。

◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ不定期連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | 2 comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

2 Responses to “自宅で介護お助けヒント集〜移動・移乗編~〜”

  1. poco-mama

    おお なつかしや・・

    ビニール袋を利用してのベッド上の移動、
    イラストでは ご本人の脚伸び力で↑

    介護する人にとっても 下肢の力がない方の関わりでも負担がかなり減りますね。
    ご本人の肩側からそのビニール自体を引っ張らせていただくことがありましたが ホントにシーツの上をスルスルでした。

    ご本人の脚の力があるならば イラスト参考に ↑↑↑
    さらに ビニールを輪っかにする、これは 目からうろこです(*^_^*)

    09 3月 2013 at 1:12 PM

  2. gunjoaen

    こんにちは。

    本日、祖母のポータブルトイレからベッドへの移乗しくじり、かなり下のほうへ。ビニール袋はなかったので、いざの時用の、100均自転車用のカッパで対応。背上げの起点がせめて大転子にくるようにと。直ぐ後に、スタッフさんから、ベッドのギャッジアップでおやつを食べさせてもらうため、滑り座りにならない様に、できるだけ上の方にねてもらいます。

    10 3月 2013 at 5:49 PM

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。