イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

体も硬し。お尻も痛し。

2月 13 2013 | 人の身体と動作

コタツでお尻は痛くなる
そろそろ日差しも春の気配〜。かふん、ふんふん跳び始め。
窓を開けるのがちょとコワイ。

ふむ。季節逆戻りするが、日本の冬といえば、こたつが代名詞のようになっている。
しかし、旧式のコタツは居心地が良いかといえばそうではない気がしている。
入れば出られないラビリンスである。迷宮だわ〜。

グンジョウご愛用のこたつは、ザ・昭和なものだ。
天板の裏が、うふふな麻雀台になっているやつである。

テーブルはピカピカの合板で、枠がついている。
脚は丸脚そうそう、カフェオーレ色で、台寄りが太くなっているものだ。
畳に付く箇所には白いキャップ付きである。懐かし〜い雰囲気である。

さて、旧式こたつに足を投げ出して座るには体力が必要だ。
背中を立てるキープ力。腰をいれるなど、難しや。
背中がくったり引力で丸まる。

膝を曲げての体育座りをするには、膝がつっかえる。自然に背中が曲がる。
正座座りをするには、健康であることが第一であろう。
あぐらをかくにも安定せず。
でもコタツから動けない、
と、そんな風邪ひきな昨年末。

こたつから動こうとしないイヤイヤ動けないじじばばな気持ちが少しわかったような気がしている。
とにかく、寒くて動けんのよう〜。

骨なグンジョウは、骨盤の坐骨周りをこんなに意識したことはなかったように思うぐらい、
じいっとしていて、お尻を酷使したようである。

特に坐骨の部分は血の巡り悪くなり、うっ血します。(お尻の座面にての平を入れるとぐりぐりする骨が坐骨くんね♪)

みなさまのお尻具合、大事にしてください。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。