イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

パジャマで検証。寝てる時、カラダにどれだけ圧力がかかってるのか?

2月 11 2013 | 人の身体と動作

パジャマにかかる圧
床ずれや褥そうという言葉をよく聞くようになった(意識するようになった)。だが、実際実感がないヒトが大半だではないだろうか?ジジババの介護に関わる様になって荒れたり色が変ってしまっている皮膚の場所から、圧がかかっていることがようやくわかってくる。

床ずれ、褥瘡、は、もしかすると、祖母ばあこはならないのではないかと思っていたぐらいでした。でも、車椅子のクッションが変わった途端、なった。クッションを替えると直ぐに治りましたが。

さて、本日は、おそらくドン引きされるであろう〜(@◇@)と思っていたパジャマを公開させていただこうと思います。祖母のものではありませんよ〜オットのものであります。

このパジャマは大のお気に入りらしく、ネルのめちゃめちゃ分厚い生地のもの。縫製しっかり、頑丈、丈夫。 約6年位前に、阪急百貨店で見つけて色違いで2組を購入したものだ。

昨今の住宅事情では気密性がいいため、夜はそんなに寒くはなりません。このご時世、分厚いネル生地パジャマは必要がない様子。ですが、在来工法の一戸建てはやっぱり寒い〜。グンジョウは見つけるやいなや即購入いたしました。

このパジャマ定番商品かと昨年春に梅田店に訊ねたが、改修工事で売り場面積が減った為作っていないらしい。 だが、リニューアルオープンした今、また作られているのかもしれない〜今度尋ねて見なくっちゃ。

実物に話を戻そう。画像は、毎日着たおしたものであります。片方の一組が既にボロボロで、補修のための当て布用に。洗濯は晴れた朝にすれば問題なく、ほぼ毎日着ておりました。黒っぽいのは生地が薄くなってしまった箇所です。擦れて薄くなるんですな。

まあっ、こんなパぢゃまご主人に着せて、とか、風水的にはこんなのはダメでしょ運気が下がるわよ、とかなんとかの声も聞こえて来そうですが〜オット本人に言わせると、公開まったく問題なしだそうで。なんで?聞いてみた。

こんな手の込んだパジャマは誰も着てないやろ〜。自慢出来るやん、とのことらしく。

表からはわかりませんが、ズボンは裏地に別のネル生地があてがってあり、重さは結構重たい。厚みは2、3倍はある。あちこちが刺し子だらけで、ほどよくフカフカ。漁師さんの着る刺し子の半纏状態に近い。毛布を着てるような感じだそうでなかなかあたたかく肌触りが良いのだそうだ。

ほとんど毎日着ているパジャマ。オットは右に横に向くことが多く、パジャマはまさしくその通りの擦り切れ具合だ。

骨盤の仙骨あたりはまさしく上を向いた時の擦り切れ具合。太ももの横や、ふくらはぎの脇なども圧がかかるためか薄い薄い〜。

これはパジャマが身代わりになってくれて擦り切れてくれている訳だが、ヒトの皮膚も同じくであろう。
ものすごく圧力が、力が、かかっているのである。パジャマよ、衣服よ、わが身を守ってくれてありがとう〜。

朝、目覚めた時には、寝ている間に顔についたシワを鏡の前でしっかり伸ばしなさいとおっしゃったのは、美輪明宏さまでありました。

顔はもちろんでありますが、このパジャマをみると、自分の体もさすってあげんとね、と思った次第です。

まっ、パジャマは新しいのを買うか、作るかどっちかで、次世代を補おうと思っております。
(低反発のマットレスをお使いになられてはいかがでしょうか?などのコメントはイヤイヤ〜ん♪)ですのねん。


gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護とコミュニケーションの現状と問題をユーモアをまじえて発信中。”いっちょかみ介護”実践中。
◆介護関連著書2冊
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本
◆ウェブ連載中
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | 2 comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

2 Responses to “パジャマで検証。寝てる時、カラダにどれだけ圧力がかかってるのか?”

  1. poco-mama

    衣類が語る!

    ホントに 参考になります(*^_^*)
    シーツのしわが 皮膚の弱い方にとって あたると痛いのよと伺ったことがありますが 圧のかかり方 フムフム・・

    12 2月 2013 at 2:48 PM

  2. gunjoaen

    体も正直に語りますが、衣服は自ら修復する力がないため、劣化に凄みがあります。

    結構すごい状態になるのだなあ、と、パジャマを見ながらしみじみ驚いています。

    上着もまた公開します。こちら、擦り切れています。あれまあ〜おやまあ〜です。

    13 2月 2013 at 11:13 AM

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。