イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

ケアする人の為のケア  は、他人事だと思ってた。

1月 13 2013 | 介護全般

20110118付き添い介護のイデタチ

ケアする人の為のケア、を痛感した昨年末でありました。

ケアする人のためのケア、と言う言葉は、ちらほらとは耳にしていました。 

“介護中のご家族はもちろんなのだが、介護職に就いている方もメンタル面がとても疲れていることを感じていて、それをサポートする人(体制?)が必要。でないと、燃え尽き症候群になってしまう。”

と、集い場であるNPO法人を立ち上げた知り合いの方が、大分以前におっしゃっておられ、警報を鳴らしていたように覚えています。(うろ覚えですが〜)

ですが、自分はそこまで人のことをケアしているわけではないし、ばあちゃんの通い介護だけだし、関係ないよね、と思っておりましたんです。わっ。そしたら。ら、ら、ら〜ん♪どうにもちがうじゃありませんか〜。なんだか、介護者の会や、介護関係の何やらかんやらを、前向きにやるたびに、心が削れる感じがするのです〜。この疲れは何〜?

以前もここに記したように、
例えば、介護者の家族会で、参加者の方々のおっしゃっているお話をストレートに受け止めてしまい、心底力が抜けてしまう。 (冗談抜きでorz。)

例えば、介護に心を砕いている姑から介護の様子をあるいはおばあちゃんの近況を聞くと、毎回ものすごく疲れてしまう。(自分で直接どうにも出来ないことなので余計?)

例えば、介護真っ最中でいつの間にかボロボロになっていた友人に、その時の自分のベストだと思えることを伝えたり、話を聞くことはしたのだが、ほんとうにそれがよかったのか今でもわからない。(直接聞いてみろよっ。)などなど。

***

祖母の特養には、セラピストとしてアロママッサージに来られている方がいらっしゃるのですが、ばあこを施術して下さっている時につい訊ねてみたことがあります。「気を貰ってしまって、疲れませんか?」と。その方は上手く排出(?)出来ている様子で、「いえ、ぜんぜん?」とおっしゃっておられましたが、グンジョウは否、否〜。

オットや、姉や、友人、あるいは支援の方々とお話をしたり、話を聞いてもらうだけでも十分助かっているはず、楽になっているはずなのですが、どうにもこうにもモヤモヤとジタバタします。

そんなこんなな消化きれない気持ちがずっとあったので、知り合いで、メンタルヘルスをお仕事にされている方とお茶を飲んで談笑している時に、何げなくちらりと聞いてみました。

介護者の方のお話などを聞いていると、しんどい気を貰ってしまうのか、とても疲れてしまうのだと。気を吸い取られている様にも感じるのだ、と。

その方はさらりといくつか話して下さいました。

やはり、自分がそのお話を聞く体制ができていないときは、聞くのは難しいのだと。どうしても聞き続けるのがしんどい時は、ちょっと外の空気を吸って一瞬の切り替えをしてみたり、今はその話を聞くゆとりがないということなどを、正直に伝えるといいのでは?等。 自分がいい状態でないと、人のお話を聞くことは難しい、まずは自分自身を満たしてあげるのが大事なのよ〜と。その他色々と、、、。

結果、へえ、とびっくりするぐらい、なんだか頭の中が整理されました。グンジョウちょいと驚きました。自分が何に困惑しているのかをすぱぱぱっ、と整理して提示して下さったことに、です。

自分が持った感想は、、、

プロの人にちょこっと(失礼!)話を聞いてもらうだけで、ずいぶんと違うんだな、気持ちが軽くなるのだなということ。

もちろんその方との信頼関係が既に出来ているからこそお話が出来て、その方のおっしゃることも素直に心に入ってくるのだと思うのです。あるいはご経験や力量等もあるのだと思うので、一概には言えないとは思うのですが。

***

さて、本日のイラストは、2年前祖母が入院した時、面会&看護に通うとき、どうにもこうにも疲れて困ったときのものです。家着っぽいので面会に行っちゃだめな気がする、衣服でもきっちりしたものを着たりして防御しないと〜と痛感し、革ジャンでも防御出来るわよね〜と記したもの。やはり気を吸い取られているような気がするのですよね。ですから、少なからずバリアは必要ではないかと。

最近になって、母上が、「おばあちゃんの介護しに施設行ったらすごく疲れるのよね、なんでかしら?」とそんなことは母上ならばわかっているであろうと思っておりましたので、グンジョウは姉と一緒に驚いておりました次第ですが。

皆さんはどうですか?体を使ったしんどさではないのですよね、、、。気持ちが疲れるというのでしょうか。異常に疲れてしまうことってありませんか? ケアする人の為のケアって、実は他人事ではないのかもしれません〜。

☆群青*介護Blog☆関連記事☆
しんどい気をもらってしまって、どよん?

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん):介護イラストレーター】
ウェブマガジン介護ライブラリにて「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら
103歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中。(2014年4月現在)


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。