イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

人間の、ずっこけ座り・へそ天座り

11月 02 2012 | 人の身体と動作

ラーメンも食べられませんわよ
先日、オットを無理矢理グンジョウ行きつけの、片道1時間かかる歯医者さんに連れて行った。歯石を取りに行きなはれと毎日言うてもなかなか聞かず、やいやい言い続けて3年以上。無理矢理予約を取り、連れて行った次第。

近所の歯医者さんに歯石だけを取ってもらいに通っていたんじゃなかったの?それはどうなったと問われれば、
「歯科衛生士のおねーさんが怖い」とな。

わたしは歯石を取ってもらっている最中に何も声をかけられぬまま歯を削られ、噛み合わせがおかしくなり、とんでもなく困った。で、やっと新しい歯医者を探し当て、、、ようやく平和な暮らしの訪れた2年前。(これは以前記しましたのでまたご覧下さい♪)

そんなわたし共々オットまでもご近所さんには行かなくなってしまったのである。

それはさておき。
到着後、歯医者の待合室にあった専門誌 を読んでいると 気功の先生の記事が目に入った。

グンジョウがしょっちゅう、このブログに記している様に、電車内での座り姿勢の悪さを憂う内容だった(と思う)のだが、その中にとっても上手い表現があったのだ〜。

それは、こちら。

「へそ天姿勢」「へそ天座り」。  ほう・・・。

**********
おへそが天を向く姿勢で、座り姿勢の悪さを憂いておる内容からして、おそらく、
介護などでよく使う座り姿勢、いわゆる、
滑り座り、ずっこけ座り、仙骨座りの事の様であるなと推測した。(椅子からずり落ちそうなふんぞり返った座り方)

感心しいのグンジョウは、ほう、おもろい表現じゃと感心しきりでありまして。

で、帰宅後、早速ネットで調べてみました。

**********

うむむ?

出て来たのは、猫くんや、ワン子くんの、お腹を天井(わたしはかってにおてんとさんかと)に向けてべろりんと無防備に出して寝転んだ姿ばかりの様子、、、。
警戒心のない寝姿を言っているようでありました。皆さん、御存じでしたか?

もののみごとに、すべてが、ワン君ねこ君画像で、人間さんのことにはまったく辿り着きません〜。

「へそ天」は、どうもペットの世界では国民権を得ている表現の様ですな。 知りませんでした。

**********
おもろい表現なので、にんげんさまの座り姿勢にも使わせて頂きたいものじゃわい、と勝手に思っていたのですが、うーん、これだけペット界で使われているとなると、むやみに使うと誤解が生じそうです。

でも、「人間のへそ天座りなんです。自分で座り直しが出来ない人がこの姿勢になりやすいですのでご注意下さい」なんて表現すると、ペット好きの人にはすぐ理解してもらえそうで、わかりやすい感じがします。

いろんな表現の言葉を持っていた方が、多くの方に何かとメッセージし易いので、使ってみようかしらん〜?

だらしな感もくっついて伝わりそう?いや、自分で姿勢を替えられない状態のイメージはよりリアルに伝達されるのでは、、、?

**********

さて、結局オットは歯石が歯肉の奥の方にまで浸食(?)していて、一回では除去しきれず、もう一度通う訳でありますが、本日の記述にはあまり歯医者は重要ではありませず。歯医者話しはまた後日。

【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : イラストレーター】


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。