イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

和式トイレにも手すりが欲しい〜。

10月 03 2012 | 人の身体と動作

足腰鍛えるスクワットトイレット「深くスクワットが出来ませぬ。要するに、ウ◯チングスタイルがとれません。だから、和式トイレには必ず前に手すりを付けて欲しいの!ほんまに困るん!」
と、つい先日、同世代の知人が切実に言うてはりました。後ろに、ひっくり返りそうになるのだそうで、、、。つかまる手すりが絶対に欲しいとのこと。

「僕な、足、曲がらへんねん。」と、いう男子と初めて会ったのが約12年前。えーっ?そないな人がいるとは思わなんだ。そうか、しゃがむスタイル=ウ◯チングスタイル、いわゆるヤンキー座りというものは、誰もが出来るわけではないのか。彼は既に三十路を行くが、少しは柔らかくなったのかしらん〜。

ふむ。しゃがみスタイル。膝の関節も、股関節も、足の関節も、これ一番ようさん曲げてるんとちゃう?というぐらい曲がっている姿勢であるな。曲がらぬお子は、むずかしそう

「和式トイレの前に手すりをつけなきゃ、子供が生まれたての子鹿ちゃんみたいに、腹這いにべちょっと広がっちゃうの」とSOSを聞いたのは、5年程前、保育園の先生から。

手すりって、大事なのね、、、、。洋式トイレの手すりには必然的に目が行くのですが、そうですか。和式はしっかり見てませんでした。商業施設に行ったときはちょっと注目しようと思ております。

ちょうど家のトイレが和式から洋式に変る時を小学生時代に過ごしましたので、和式便器の思い出はいろいろと。肌に直接便器が触れないので、衛生面から言ってもなくなりはしないだろうなあ、と思っていて、下半身を自然と鍛えられることもあるんで、いいもんであると思う派です。

ですが。体のしんどい時は、しゃがむのが、えらいですが〜。
(- -;)

【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : イラストレーター】


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。