イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

悩んだ時は、じじばばのマネをすればいいのだ。

9月 17 2012 | 人の身体と動作

なり切りジジババ

じじばばは正直だ。
なんで食事食べられないのよう〜っ?と疑問に思ったら、同じ格好をしてみればいいのね、と気付いたのは、祖母が御嚥性肺炎で入院し、無事退院出来てからだ。

と考えると、まだ一年半ぐらいかしらん。呑み込みの大切さにやっと気がついたといいますか。

こんな簡単なことを思いもしませんでしたのん。あったりまえじゃーん、と思うことになかなか気付かない〜。

なんで呑み込むとき、こんなに下向くのよ(こっちは泣きそう)、とか。なんで、こんなにむせるのよ(わたし一生懸命やってるじゃん(T T))、とか。

同じ格好をまねっこしても、若さが違うのでまったく同じとまではいかないかもしれないのだけど、ちょっとはわかる気がする。

ストローで最近吸えないの、と気づいたら、実際に介助する人も、同じとろみでストローで吸うてみる、、、。
すると、ああ、思ったより、しんどいのね、など、気付きがあるように思われます。

毎日が発見、発見、飲み込みって複雑ねえ〜と思い、ええ〜っ、と驚いたり。

そのグンジョウの気付きのきっかけを、今回の展覧会で展示したりしましたが、複雑すぎて、イラストだけではやっぱりわかりづらく、、、。

そして、わたしの理解もまだまだであります。

皆、体が違うし、状態も異なるし、だから、一般的に言われている事だけでは、間に合わない様に思います。呑み込みが悪い時にはこうすればいい、ああすればいい、などの基本的なハウツーだけでは間に合わない〜。それで家人は試行錯誤。理由はわからずとも上手くいく状態を、感覚的に把握している家族プロでありまする。

はてな。どうして。お仕事プロの方、もっともっと、お知恵を、一般人に、還元して、くだしゃんせ。プロの方、もっと部分的でなく、広い目で見たアドバイスをして頂きたいなあ。と思ったりいたします。

ほんに、切に、お願いいたします。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん)/イラストレーター】


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。