イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

車椅子クッション選ぶポイントのあれやこれや

9月 04 2012 | 介護福祉用具

クッションよいわばあこの使っている車椅子クッションに関して、これってどこで買えますか?とご質問を頂いたのですが、ネットには全然出て来ないのでどうしたもんかと思っていたら、これも福祉器具のお店に言うとすぐ取り寄せてもらえるよ〜とPTさんに教えて頂きました。

でも、即答するには躊躇します。というのも車椅子クッションって、症状によってもどれをつかえばいいか素人ではよくわかりません〜。ばあこにはよくてもご質問頂いた方のジジ様、ばば様には合うかどうか、、、。なのであれこれ考えすぎましたので、昨日PT大渕さんに電話で質問してみました。ブログへの掲載OKとのことでしたので、またまとめてメールでお返事頂きましたらこちらにアップさせて頂きます。

おしりが痛くて、座っていられないのならば、まずはクッションを一杯重ねて痛くないのを確かめてみる所からやってみては〜とのアドバイスを頂きました。これは体の障がいが重度でない方で、元気な方でも、急に痩せてしまった方などは、座骨が椅子に突き刺さって、痛いと思われます。グンジョウは小さいときからずっと痩せておりますので、おしりはずっと座面に刺さります。腹筋運動なんて、おしりが痛いのが普通でしたから〜。

座面クッション選ぶポイントは、
1.(体重)分散。(分散出来てもふわふわで安定してなきゃだめだよ〜)
2.(体重)支持。
3.放熱(むれない)
4.メンテナンス(手入れがし易いのがいい〜)
5.価格
6.汚れ(うんち、おしっこがついても洗えるかどうか〜)

PTさんからの電話アドバイスのメモ書きですから、まちがっているかもしれません〜。近々のアップを御待ち下さい。

ばあこが今使ってるクッションは、どうしても蒸れるような気がします。でもばあこの軽いじょくそうには効いた様です。使って10ヶ月、骨盤周辺に傷は出来ていません。

どのクッションにも長所と短所はある様子。グンジョウが今使っている寝具のマットレスも、低反発なんだけど合わない気がするの〜。

勉強すれば、違いがわかります。ばあこが普通の車椅子に座れていた頃に、もっとクッションや車椅子、そして座り姿勢に気を配っていれば、これだけ体は固まらなかっただろうになあと少々後悔もありますので、わからんなあ、と思う方は、わからんなあ、と言う事がわかるぐらいにまで、是非勉強してみていただけたらと思う次第です。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん)/イラストレーター】

〜お仕事で介護に携わっておられる方も、介護中のご家族の方も、体が思った様に動かず難儀な思いをしておられる方も、介護なんてまだまだ先よと思っていらっしゃる方も、まだあたしゃ若いわよな方も、そうでない方も、ワカモノも、オチビサンも、どんな方でも、、、。 来て見て感じていただいて、くすっと笑って頂き、あれやこれやと想いを馳せて頂けると幸いです。〜

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。