イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

マイナス思考な介護者を、なだめられても大きなポカ

8月 29 2012 | 介護の工夫

夜中の唐突メールは怖い
今日の訓示。「介護者は悪い方に悪い方に物事を考えがちである。だがそれをなだめた人の答えが決して正しい訳ではない。」

はて。悪い方に考える力はマイナスのスパイラルとなり、もの凄い妄想を生み出すような気がしてならないが、みなさんはどうでありましょう?

怖い、おかんメール

母上からのメールは、唐突過ぎて、いつも、怖い。昨晩のはこんなんだ。:今日婆とこ行ってきましたちょっと気持ち悪いことがありました枕とベッドとシーツがじとっとぬれていた。   (なんじゃーっやめてくれーっ。)

即電話をするが、寝汗か?おしっこか?いや、匂いはなかったとのことだが、「ばあちゃん、もう永くないんじゃないか?」と言う。そして、通常なら40分位で済む食事が1時間かかった、体調が悪いせいか? とさらに不安と気持ち悪さが倍増な模様。 

母上、あんたの介護は優秀過ぎだ。ワタシが食べさせるときは1時間はざらにある。いい加減、適当なズボラ位でちょうどいいのだぞーっ母上〜っ!!(汗)

生乾き、ベッドの怪

さて日付変わり本日。特別養護老人ホームの101歳ばあこの元へ孫グンジョウが昼食介助に参上。ちょうど昨日母が話をしたという殿方きびきびスタッフがおられ、しばらくばあこベッドの横で話す。結果、とにもかくにもちゃんと聞くと、円満解決であった。

帰りのバスから、母上にメールをする。

「大丈夫 ばあ10日程前、夜中寝たまま 大量に 大を排泄。 洗い干したベッドのマットレスを、スタッフが生乾きのまま敷いてしまった様子。

枕もその時洗って 生乾きのを確認せず戻してしもた様子。 昨日母上が事情を聞いたスタッフが夜勤だった時に、ちょうど体調が悪かったのだそう。」

母上も昨日スタッフからの説明をきいたはずだ。しかしながら、気持ち悪さが先立ったみたいで、尋常ではない心配様であった。ああ、思い込み
**************
その後、グンジョウは地元の介護者家族会の定例会にチラリと出席。解散後の介護に関する立ち話で、「介護者には、絶対利害関係無しで冷静にアドバイス出来る人がいりますよねぇ、、、そうなんですよ〜、そうそう〜。」な〜〜んて、母上と自分自身を重ねて話していたところであるのだが〜。

**************
「いや、そりゃなんぼなんでも、じっとり濡れたマットレスを使うのはあかんのんとちゃうん? 枕もぐっしょりは、ちょっとハテナやよ? 普通、気ぃ付くんとちゃうん?ばあちゃん、風邪ひいとったかもしれへんのよ?そこのチェックは施設にちゃんと今後してもらわな。ばあちゃんに何もなかったから良かった様なものの、、、、。そこはちゃんと施設にしっかり言わんと。」

ヒャ〜そうなの〜???夜、ことの顛末をすべて報告した後の姉のお言葉でありんした。

( ̄_ ̄ i) あら、、、、まあ。 まったく。そうね。

あら。そうね。

疑問が解決したので、全て解決なモードになっておりました。お祭りの土曜日は大丈夫だったから、じっとり濡れてたのは3日間、2日間?あるいは1日?  その間ばあこがずっとその布団で寝てることは考えればわかるっしょーーーーーーー?! と、姉。
**************
**************
後につなげる介護の訓示(?):第三者委員会の設立が必須。介護者と、そのサブ(いっちょかみ?)支援者と、全体を俯瞰で見る支援者が必要である。 でないと正常な思考がまわりません。

介護をなさっている御家族の皆様、冷静にずけずけとものを言うてくれる利害関係のないアドバイザー、友人でもキョウダイでも知人でも。着かず離れずの距離に最低2名は、必ず配置をお願い致します。
**************

グンジョウ、かなりズレている様で、ようやくそれに気づいたか??

姉の声「あんたは母上の呪縛にはまっただけだよ〜。怖すぎたんだよ〜。」



【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

《追記2014年9月》
103歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信17年目。
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」不定期連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | 2 comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

2 Responses to “マイナス思考な介護者を、なだめられても大きなポカ”

  1. poco-mama

    おおっ! ベッドマットの生乾き状態ですか!!
    ばあこ様 じっとりした感触に耐えておられたのかと気持ち悪かったのでは。
    マットは そう簡単には乾燥しないので、予備マットが施設にはあるかと思うのですが乾くまでそれを使っていただくのでは・・・

    ご自分の敷きマットを使用されている場合は、ご家族が持ち帰り洗濯されることもありました。
    お持ち帰りの理由は、取扱などの点から、施設での洗濯では傷めてしまうことに留意してのことです。
    その間は 施設のマットを使用していただいていました。

    いろいろ あるのですね~
    ばあこ様 ばあこ様 さっぱり すっきり 心地よい寝床確保!!!!!

    30 8月 2012 at 6:45 PM

  2. gunjoaen

    またまたの書き込みありがとうございます。今回の件は、きっと私が行っていたら気づかなかったと思うのです。

    母は毎回行く度に、ベッドメイキングをして、粘着テープで髪やホコリを必ず取ります。

    ずっと同じ事をやってるから気づいただけよ〜と言うていました。当たり前のことを当たり前に継続してやることの大切さを母より学び、神々しくもあるのですが。

    今回の件で増々手を抜かず完璧に徹底的に淡々とやりそうなので、身内はちょっとこの生真面目さが気がかりです。

    01 9月 2012 at 12:30 PM

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。