イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

お茶にとろみをつけるときの裏技(とろみ調整剤)

8月 24 2012 | 介護の工夫

介護用とろみ調整剤
近頃はファックスで、101歳ばあこ介護の報告をくれる母君が、先日こんな内容を送ってくれた。

「お茶作るとき、混ぜなくてもきれいなお茶出来ますよ。かたまり粉(とろみ調整剤)軽く2杯いれてお湯さし、混ぜないでそのまま置いておくと自然に固まってきれいなお茶出来ますよ。」

あら、そうなの???

飲み込みが少しし難いばあこの、お茶のちょうど良いとろみ具合はマヨネーズのもう少しやわらかいぐらいである。

とろみ調整剤を使う時、あのかたまり損ねのダマダマがいつも難儀でありました。

メーカーによっても違うかもしれませんが、1度お試し下さい。うまく行かないかもしれませんが、もし、うまく行くのであれば、めっけもんです。介護するときの気持ちの余裕が大きく変わります。

どうしても、焦って混ぜちゃいますもんね〜。
**************************
追記:文中の”かたまり粉”、は母上のそのままの表現を掲載。片栗粉ではなく、とろみを調整出来る、粉状の増粘剤です。介護施設等で使われている、出来た食事に後から加えるとろみのつく粉です。(市販もされています)

通常の片栗粉は、熱を加えないと固まりません。記載した粉は、冷えた料理や飲み物に後から加えてもとろみを付ける事が出来る粉で、とろみ調整剤(増粘剤〜食品添加物)です。

天然成分100%の馬鈴薯澱粉100%のものもありますが、それはばあこの施設では使われていないのでこの場合とは異なります。

【群青亜鉛 : (ぐんじょうあえん) ぐんじょうあえん : イラストレーター】
《追記です2013年8月》
ぐんじょうあえん:在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。
《2013年9月神戸で個展♪ご案内》>こちら
《介護ライブラリ》:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中>こちら

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。