イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

車椅子の方が、椅子より遥かに性能が良さげだわ

11月 03 2012 | 介護福祉用具

すっぽ抜け 座り直し介助
車椅子は、性能のいいものが毎年新しく出て来ている様に思える。101歳ばあ子が脳梗塞で倒れた20年前とは雲泥の差。介護保険始まる前の12年前からも雲泥の差、であります。簡易なモジュラー型は、価格も手頃なものが出て来ていて、その進歩には驚くばかりです。

ほんだらば〜、一方の椅子、っちゅうものは、それぐらい進化しているのでありましょうか????

うんにゃ、あんまりやなあ、というのが正直な感想でありますが皆様いかがでありましょう?

椅子文化の歴史、まだ150年程度?のじゃぱーん。 椅子文化の欧米を見ると雲泥の差。
車椅子の技術を、椅子にも応用してもらいたいと思うのであります。

車椅子の調整をすると、結構その方の体にあった様にすることが出来るのだなあ、と、今までばあこにしてもらった車椅子の調整等をみたり、その他勉強させてもらって素人なりに思うのですが、同じ様に、椅子もその人にあった様なものになるとすごくいいと思う。

椅子の性能があがるのには、介護保険の対象となる福祉用具になったらいいのかしら。 
そんな単純なものではないのかしら。

参考ページです。
介護保険給付福祉用具情報

椅子、椅子、椅子に関しては、明日に続きます。


【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : イラストレーター】


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。