Archive for the '震災に思うこと' Category


no-Images ハザードマップは公開されている | 2月 8th, 2012 |

「昔の昭和初期の洪水の時、避難先の小学校の高度が低くて水浸しになり、自分たちの住んでいる地域の方が高台で水の被害が少なかったと祖母より聞いたが、避難場所に変更はないのですか?」 ◇ 新年早々、町内会の新年会に出席した。祖 […]


震災時のお礼を伝える 17年ぶりに、やっとお礼が言えた。 | 1月 18th, 2012 |

昨年の夏。厳密に言うと、16年と半年ぶりに、阪神・淡路大震災時に無償で井戸水を供給して下さった家の方にやっとお礼が言えた。 ◯ けれどそれだけでは水は足りず、自邸の地下からお水が自然に出るお家があって、口コミであそこ水が […]


20110418震災時の車椅子活用.jpg 震災時でも車椅子は移動手段として大活躍だったそうです。 | 4月 18th, 2011 |

先日のバリアフリー展2011大阪(西日本最大の福祉展示会)に行って参りました。夕方にはワークショップ、一般社団法人 全国福祉用具専門相談員協会が開催する、福祉用具公開事例検討の会に飛び込みで参加。2時間ほどの講習だったと […]


新聞紙で作った使い捨てエプロンが毎日の介護で役立った(阪神淡路大震災の時) | 4月 7th, 2011 |

阪神淡路大震災時のばあちゃん介護日記をもう一度読み返してみました。 1995年1/21(土)の日記に、「ビニールエプロンの上に新聞紙で作ったエプロンをしてあげてください」と、昼食介助に来てくれた母にあてたメモと、「首の後 […]


非常時助かったのがポータブルトイレの存在 | 4月 4th, 2011 |

阪神淡路大震災は、介護保険開始5年前である。震災後、電気はすぐに来たが、ガスと水が復旧するまでに40日がかかったことは昨日記した通りです。祖母のその頃の身体の状態は、片麻痺で立てるが自分では歩けず、3人交代制での介護でト […]


阪神淡路大震災時の自宅での対応は(水・トイレ編) | 4月 3rd, 2011 |

もう16年前になりますが、阪神淡路大震災はばあちゃんの在宅介護がスタートして1年半後のことでした。震災時はトイレに関する事が一番大変だったように覚えています。群青の家は、壁のひび割れと家の多少のひずみだけで壊れる事はなく […]