イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

プロフィール

こんにちは。群青亜鉛です。

関西在住のイラストレーター。読み方:ぐんじょうあえん

  • 20歳代から、孫の立場でばあちゃんに”いっちょかみ介護”歴22年。
    「明るく面白く介護のお知恵は知っとく方が絶対イイ!」

    介護のいろいろをウェブ・書籍・セミナー等で発信中。

    明るくおもろく大真面目に、あえん流解釈で介護を伝える翻訳伝道師

     

  • 【介護のこれまで】=特別養護老人ホーム入所12年の103歳祖母への時々通い介護する。その前は、20代から9年と6カ月に渡り、介護保険のサービスをフル活用しながら、親戚ぐるみで祖母を介護。
  • 【至福の時】= 歯に関する雑学や体験談を見聞きする時、眠る時。
  • 【癖】=介護器具の使い勝手や、介護の色々を熱く語ってしまうこと。
  • 【使命?】=難しい内容をいかに分かりやすく、面白い視点で伝えるかを課題とし、へーっ、ほぉー、そうか〜と反応してもらえる事を喜びとする。
  • 困っている人が、専門知識に辿り着くまでの中継役(翻訳家)。骨格好きな B型人間。皆様の想像力をこそばしたい。

    【登場人物】
    三つ編みピンク髪のあえんキャラクター:祖母を在宅介護していた約20年前の初々な群青さんです。時々キャラクターとして登場します。
    短髪ぐんじょうさん:祖母が特別養護老人ホームへ入所してからの群青さんです。こちらは日々登場いたします。

    2002年10月13日:ラジオ出演「孫から見たおばあちゃん介護」


    Last-edit : 2015年9月26日 |