過去の
つぶやきはここ
                 

2007年度 季節はめぐる〜
 


2007 08〜
2007 10

ばあちゃんドタバタ介護格闘記
10年分の、群青亜鉛の在宅介護のハプニング&対処法&物申すの情報満載。
予備知識、知らず知らずに体得できそう♪

とっぷへ

ちょっと一息
 


とっぷへ

イベントのお知らせ
 

'07 9/11

 

 

kaigoセミナーはじめます。

コンセプトは、『明るく元気の出る介護』

*******************************************

主催:NPO法人 新現役ネット【関西】

「人生の成功大学シリーズ」・第2回『 明るく元気の出るkaigo』

絵とパフォーマンスでお届 けする介護セミナー

 ・・・こんな介護もいいんじゃない?・・・

     お話・群青亜鉛(ぐんじょうあえん)

ばあちゃんが脳梗塞で倒れて10年弱に渡る在宅介護。

突然訪れる、あなたは介護する側、される側でしょうか。子育てとは違って、介護はいつ終わるかわかりません。自分のペースを持ってこんな介護もいいんじゃない・・・? 介護で共倒れにならない上手な息抜きが毎日の笑顔をつくる。イラストレーターが介護のお助けを伝授します。

 ・体ってこうゆうもの

 ・知らなかったら?知ってたら? 介護のお知恵〜こころ・方法・用具

 ・お助け施設もいろいろと、 家族と事業者 思いの違い、ギャップと心得

 ・うっぷんがたまったら

著書・「ばあちゃんドタバタ・介護格闘記」 (株)宝島社 出版

作家・イラスト  群青亜鉛

構成・ちゃお企画

(著書も販売します。定価税込み 1,155円) http://www.shingeneki.com/cgi-bin/event/d.cgi?e=07100502

【開 催 日 時】 10月5日(金)午後6時30分から
【場 所】 大阪駅前第2ビル5階生涯学習センター第5研修室
【定 員】 35名
【対 象】 最小催行人数20名

これがきっかけとなり、あと2カ所での開催が決まっております。

着、着と、準備を重ねてまいります〜。

とっぷへ

本日の感想
 

'07 9/7

 

 

男と女の間には〜♪

++++++++++++++++
ー群青さん、あの本見せて。
この間話してくれた本。

先日、長堀で、知り合いの建築事務所の方が、声を掛けてくれたので、「介護お助けエッセイ本」お見せする。

色々と解説をしながら、、、。以下、QandA

Q:これは介護の真っ最中の人の為の本?

A:介護中の方は、ああ、わかるわかる〜と共感しながら読んでいただけ、

介護がもう、終わった方には、ああ、そう、そうだよね。もっとこの本を早く読んでいたら、もっと楽だったのに、、、と思って頂け。

いずれは介護が見える方には、会話のやり取りのこつとか、色々な出来事を笑いに替えちゃうセンスとかを、あ、そうか、と思って頂け。

高校生ぐらいの人には、なんとなく介護の感じ、がわかっていただける、すべての人にお薦め出来る本ですよ〜。

ーふうん、いい事してるねえ。そうかあ、ありがとう。(ぱらりぱらりと読んで、本を返される。)

じんわりと、働き盛り、今事業真っ最中の方(特に男性)の、暗黙のメッセージが伝わって来る。。。

ー介護がどうのこうのなんて、そんな(悠長な)事、構ってられないんや〜今は目の前のシゴト廻して行く事で精一杯ー

うは〜。

でも介護って、突然来る。
その時、みんな慌てふためく。(群青の時そうだった)高齢者だけが、介護される側になるわけじゃ〜ない。
自分も、突然交通事故とか、体が不自由になるかもしれない。子供がいる人だったら、その子供が。いや、奥さんが。事故するかもしれない。身近な家族も。誰がどうなるか、本当にわからんのだもの。

介護は、震災と良く似てる。
突然来て、日常を奪われた感覚に陥る。
うるさいようやけど、介護のお知恵は、知っとくと、絶対に、絶対に、ぜえええっったいに、楽なのだ。これは断言出来る。時間の節減。いらんくよくよを避ける事が出来る。

少しでも、頭の隅に置いておくだけでも、気持ちが楽。心構えが違う。余裕が生まれる。この余裕が大事。いらぬいさかいは、せんでもいい。傷つけ合う事も、おそらく少なかろ〜。

とっぷへ

むむむ
 

'07 8/17

 

●男の介護、語り合おう

宝塚市のNPO法人 「スマイルウェイ」

まったなし、である。

現在、家族介護者4人に一人が男性の手で担われている(読売新聞8/17記事より)そうな。

参加してみてはいかがでしょうか。
次回は10/22(火)が集まりだそうです。

とっぷへ

本日の感想
 

'07 8/11

 

 

本日頂いた、著書ご購入頂いた方からの感想です。

++++++++++++++++

これはまさしく実用書ですね。
ガイダンス
リアル
とても現実的なアドバイス。

これを読んで、亜鉛さんがなんでこの本を作ろうと思ったのか、気持ちがわかりました。

介護の参考書。

うちは男兄弟ばかりなのでうらやましいと思ったし、
性別の違いを思った。

もう母を看取ったので、この本を母に活用する事は出来ないのだけれどもね〜。
(50代男性)

++++++++++++++++

〜すぐに使える実用的な内容が満載!
わかりにくいところはイラストを活用し、情報量がぎっしりです。〜〜

アマゾン:ばあちゃんドタバタ介護格闘記
書籍紹介:宝島チャンネル

とっぷへ

むむむ
 

'07 8/8

そんなんあり?

 

●個人情報保護法の曲解??

介護療養型医療施設に、
お母様(90歳代)が入所しているMさん(娘さん60歳代)から、本日電話で伺った、お話です。

ケアプラン計画表を、施設に要求したそうで、その時のやり取りが以下。

Mさん「母の、ケアプランを見せてもらえませんでしょうか?』

施設側「お母様の個人情報なので、貴方(娘さん)には渡せませんし、お知らせする事は出来ません。」

Mさん「???』

群青亜鉛「!!・・・???・・!!」

それって、どうよ〜?
なんだか施設側の言い分が、おかしくて笑ってしまいますね。結局ご家族さんには開示していないって事なのでしょうか?

こんな事、言われた方、きっと他にも沢山いらっしゃるのでは〜???

とっぷへ

本日の感想
 

'07 8/1

 

 

●すぐに活用出来ました。

本日頂いた、著書ご購入頂いた方からの感想です。
++++++++++++++++

母が入院してしまいましたが、
この本に書いてある内容の、姿勢を直すやり方をすぐに試す事が出来、とても助かりました。
(女性)

++++++++++++++++
役立ててもらえて、著者冥利に尽きます、
ありがとうございます。

そのほか、突然お風呂場でお母様が倒れられ、あせらず移動に活用出来た、との感想も頂いている様に、この姿勢直しの方法は、いざ!!の時結構役立つんですよ。(群)
++++++++++++++++

アマゾン:ばあちゃんドタバタ介護格闘記
書籍紹介:宝島チャンネル

とっぷへ

グリコのおまけ
 

 

ほんまの最初のページへ この章のトップへ 総目次へ
   

gunjoaen@hello.email.ne.jp

制作:(C)群青亜鉛
2002(改訂)