過去の
つぶやきはここ
                 

2006年度 秋のばあこ
 


2006 04〜
2007 03

足が細くなった。

とっぷへ

うれしいこと
 

'07 3gatsu


 

 

●認知症介護者の会

群青が、以前会員だった「認知症介護者の会」より、久しぶりに会報とともに "お元気ですか?"の連絡を頂戴した。

約3年前には「寝たきり高齢介護者の集い」とともに、会員でしたが、忙しさにかまけて(?)「認知症の会」の方はご無沙汰していたのです。

以前も書き込みましたが、祖母にも軽度の認知症が出てきたようなので、再度入会したいなあ、と思っていたところでしたので、連絡はとても嬉しく、すぐに再入会しました。

ちょっと間があいてしまっていても、ちょっとした便りで、心がまたつながるのだなあ、と思った次第。

自分もそうして行こう〜。

浦島太郎
 

'06 11gatsu

● 先月末は、地元の「在宅介護者の集い」に、約半年ぶりに参加してきました。

なんじゃそれは、と思う方に説明いたしますと。
介護者の方が、お互いに今の思いをざっくばらんに語り合ったり、介護に関する情報交換を行う、交流会や学習会、施設見学などの活動をしている、会。であります。
会員は、在宅などでの、介護真っ最中の方、あるいは、介護を終わられて、御自身の知恵を社会に活かそうとなさっている方、、、。(群青の思う所)

群青自身が、約10年弱、在宅で祖母を介護していた経験があり、情報交換の為に参加するようになったいきさつがあります。


介護に関しては、女性は、いずれ来るものとして、自然体で受け止められる感がありますが、一方、殿方は、恐いから見んとこ、、、派が多いようですねえ。いずれ来たときは来たときやし、、、。のスタンスが多いように感じられます。
今更言うまでもないことですが、介護の知識は、知っておいて損はなく、いざというとき困らず、楽になります。実践をともなうと、知識は知恵となって身に付きますよね。

介護保険の制度もどんどん変わってきているので、最初にお話した集いに久しぶりに参加するとわからない単語がちらほら、、、。浦島太郎になったような気分でした。
介護に関する事はすぐにチンプンカンプンになってしまうこの現状!世の流れは早く、情報は、ほんまに大事です。

以前よりも、新聞の介護に関する記事をよく読むようになったこの頃。。。。既に皆さんは行なってらっしゃると思いますが、介護に関する記事は、載っていたら、さらっとでもいいですから、目を通しておくといいです〜。

とっぷへ

いろいろ
 

'06 9/30


 

 

●う◯ちはなぜ出ないか。

食べる量が少ないから。ではないか?
「施設にお願いしてるんだけど、う◯ちが出ないのよね〜」と心配されているご家族様。一度、食事の量を検討してみる事をお薦めします。


母上は、たいがい昼食時にばあこの介助に行くのだが、
そのあと自室(4人部屋)に連れて行き、蜂蜜入りヨーグルトと、バナナを半分食べさせる。
(これは施設も今は黙認して下さっているようだ)

すると、そのあと、もりもり、う◯ちが出るようになって既に1年ほど。

一時は薬をざんざん飲まされ、
下痢げり状態だったのだが、
なぜにこんなに良くなるのだろう。

ひとえに身内が来る安心感。それと食べる量。

そしてヨーグルトとバナナ効果。(お通じがよくなる食材ですもの)

ちょっと試してみる価値はありますぞ。

とっぷへ

ずぼんdeずぼん
 

'06 4/06


 

 

●ずぼんずぼん



著書「介護器具・手作り改造レシピ集 なんでこんなに使いにくいん?」
に掲載した衣服の提案「丈長・車椅子用ズボン」を見て、読者さんが、作り方を出版社に問い合わせを下さったとことは先日お話しましたが、その続きです。

今日はその型紙図掲載。
私は専門的な知識があるわけではありませんので、既存の型紙を切ったり足したりしただけのものです。細かい部分はよくわからずに、作っています。

大ざっぱな型紙図を参考に、工夫をしていただければ幸いです。ウエストの前側は特に切らなくてもいいと思います。腰の部分は型紙を上に伸ばすだけで具合がよくなると思います。
もちろんウェストは、ゴムが通せるように作ってくださいませ。

とっぷへ

グリコのおまけ
 

 

ほんまの最初のページへ この章のトップへ 総目次へ
   

gunjoaen@hello.email.ne.jp

制作:(C)群青亜鉛
2002(改訂)