過去の
つぶやきはここ
                 

この春の出来事

 


1999 03〜05

●ショートステイ先でばあこ怪我する  '99 5/16 
●デイケアの送迎バス来ない 
'99 3/19(金)
●ショートステイから帰ってくると、、、。だいたい全般

「御年27の車」での送迎
(C)群青亜鉛

ばあこ虫歯治療

 

'99 5/30(筋)18:26

前歯一本治療。前面 の壁だけ無事で、あとは全滅。

自分の歯は異常に気にするくせに、ばあこの歯をあまり気に留めていなかった私。反省。

でも、ばあこが虫歯になったおかげで、虫歯治療の一部始終がこの目で観察できる。先日も歯を削るところを間近に観れた。うれしい。感動ものだ。なんて言っちゃ、いかーん!

そんなこと、いったらばちあたる。ごめん、ばあ子。でも歯医者への付き添いはワクワクしているんよ、私。

とっぷへ

ばあこの送迎。渋すぎる自動車。

 

'99 5/23(筋)18:26


わが車は、エアコンがきかない。ウン十年前のしぶいボロボロ軽自動だ。それでもぶいぶい、乗り回している。車をきれいきれいにする日本人にはめずらしく、私はほこりだらけでもいっこうに構わない、気にしない。走ればいいんである。

イタリアや、フランスならよかったとおもう。あちらのお国柄は
おおざっぱ、と聞く。我が車をものともしないほこりだらけのくるまがびゅんびゅん走っている、そうな。

坂道は登るのがしんどい。後ろに数珠繋ぎになることも多い。エンストすることもある。だから、坂道は出来るだけ、避ける。最近下り坂で初めて80キロというスピードが出た。オーバーヒートするんではないかとひやひやした。気ぃつけないととんでしまう。そんな車だ。

これでいつもばあこを送迎する。変な光景、かもしれない。今はまだ、いいが、夏は熱すぎて、いかん。自分はいいが、ばあこの体温があがる。だから朝は早く家を出る。早めに入所、させてもらう。

昨年は最近よくある保冷剤、をばあの頭に巻き付けて手にはうちわ、という出で立ちで、ショートステイの送り迎えをやった。水分補給は欠かせない。水筒はいつも持っていく。

私もうちわ片手に運転する。窓はあけっぱなし、である。それでももちろん暑い。(~Q~;)

施設につくと、ばあこの体温は上がっている。あぶない、のである。熱射病になるかもしれない。去年は笑って済んだ物だが、今年はそうもいってられない。タクシーで行き帰り、だろうか。

役にたってんだか、たってないんだかわからんこの車。それでもだんなはこいつを手放したくないんだそうな。

私は、この車に愛着はあるが、金食い虫、だと思っている。

機会があれば、売り飛ばしてやろうか、とたくらんでいる。(誰も買わないって?)

とっぷへ

なんだか、すごいものが来た。
 

'99 5/22(日)22:21

福祉協議会のボランティアセンターより、突然分厚い封筒が届いた。

某ビール会社の創立した福祉財団からで「寝たきりのお年寄りまたは障害者を常時介護されている家族の方」を対象とした、各種の慰労行事実施のお知らせ、でした。で、催し物にご招待という知らせが来た。

「某歌手の日帰りの観劇への招待」、と「一泊2日の慰労旅行へご招待」2ヶ所。このなかから、ひとつ選べる。

ほんでもって、その期間中の要介護者の公共の施設(ホームヘルパー、や、デイサービス、ショートステイ)の利用代の一部をこの財団が立て替えるというものだ。これは全国的にやっているようで、この対象になる人は、地域の社会福祉協議会または地方自治団体などにお願いして推薦してもらっているそうな。毎年行っているそうだ。

で、今年は、私らが、その対象になった、というわけですね。

日頃介護に疲れている人をねぎらおう、というものだ。ありがたいものだがなんだか、唐突すぎてびっくりした。そして、これからの企業のお金の使い方というものにも少し考えをめぐらせた。

とっぷへ

さっさいふ、落とした。
 

'99 5/22

にまんごしぇんえん。どっかいった。(◎_◎)出てこない。 ぐ具具具具。

今日は気持ちがブルー。ぎんこーにでんわしてキャッシュカードの取引をとめてもらった。交番にも届け出た。あほやなぁとみんなに言われる。

あほやなあと自分でも思う。お腹に力が入らない。ふて寝するだよ、今日は。

 

とっぷへ

ばあ子不満爆発。
 

'99 5/22 23:16

いろいろありすぎて、書くのがおっくう。

新しくつかってたショートステイの施設利用はしばらく やめ。先日けがをした施設です。

ばあは「あそこはもういややー。」といつもの狂言師のような声で言う。その施設は、新人のスタッフさんは一生懸命。

有る程度経験をつんだ看護婦さんは適当な応対で、テキトウに対応する。おーいおーい、だいじょーぶかぁい?もう少し、いいと言われている他の施設を研究、しなさいっつ。

やっぱり、ハートなんですよ。働いている人、一人一人の人間性、が大事。人間性は滲み出るもんです。ええかっこしても、見えてるよ。

とっぷへ

ばあこ、けが、する。
 

'99 5/16 

朝一番にショートステイの看護婦さんより、電話、あり。

右麻痺のばあ。ショートステイで、トイレの時、右に倒れ、こめかみを切る。2針、ぬ ったとのこと。あやややや。

とっぷへ

ミシンで縫い、縫い。
 

'99 5/16

5本指ソックスに、取っ手を縫いつける昨日、今日。1日、一足。

とっぷへ

やってきた。この季節。
 

'99 5/09 23:25

危険を感じて、ばあの靴下を脱がした。最近ちょっと、見てなかったところ。

でたー!!全部の指の間が水虫だーああ!!この季節の風物詩、だ。ちょっとひどいぞ。皮膚がふやけているぜっ。かっかゆそう。リハビリのため、ばあは取っ手をつけた靴下を毎日自分ではく習慣をつけている。ショートステイではずっと靴下と靴をはいている。冬はいいが、この季節はもう、だめだ。去年は薬を毎日ぬ って、5本指ソックスをしばらくはかせた。おさまるのはおさまった。が、この靴下は自分できっちりはくのは難しい。取っ手をつけても手助けが必要。

さて、今年はどうしよう。あ、あ、正直いって、やはり、水虫はさわりたくはない。ああ、やっぱり、うつるのはやだ。皮が、カーペットに落ちる。ああ、ハクセンキンが。洗濯物も、手洗いにしよう。と思ってしまう、私です。

とっぷへ

やばい、手にも。でも、練習の成果 、が。
 

'99 5/09 

「手ー、くさくさ(臭く)、なるで、ちから抜いて開く練習せな、」と握りっぱなしの麻痺がわの手をひらけた。

確かにくさくさ、だ。やな臭い、だ。じっと見てみる。やっべー!!手、が水虫、のようになっている!皮がむけてる!危険、だ!

「手開くように、しぃ!!」といって、約2週間たった。昨日、「ばあ、手ぇひらいてみぃ。」といったらふわっと直ぐに開いた。「すごー!!前は全然、固まって、ひらかへんかったのにぃ」

めちゃめちゃ、びっくりした。ほんで、ばあをいっぱいほめた。

とっぷへ

精神的に落ち込んだとき特に、ばあちゃんの存在
 

'99 4/15(きん)
20:53 

また、同じ失敗をしてしまった。何年かに一度いつもやってしまう大失敗だ。

ああ、また、試されてる、私。そんなことをぶつぶつ。ぶつぶつ。めそめそ、めそめそ。ふん、ふん、と聞いてるだけのばあ。は、

時々「わはっ。」と笑う。 ぶつぶつ、しゃべるだけの私。

「いっつも同じことしてしまうなぁ、はぁぁ。あかんなぁ、私。」ぶつぶつ、介助しながら、ひとりでばあに、話かけるでもなく、ぶつぶつ言う私。べつに、なんにも言わないばあ。

また、「わはっ。」と笑う。こころが安らぐ。なんだか、涙が出てしまう。

とっぷへ

利用するん、やーんぴ。某在宅介護支援センター。
 

'99 4/15(きん)
20:21

訪問看護でリハビリをお願いしたいと思って、電話をした。

いつ電話しても、不在。(忙しいんだろうから、わからんでもないです)。でもやっと通 じたとおもったら、電話の応対がバツ。会社名もいわない。こちらからたずねて、はじめて、そうですけど、と。なげやりにしゃべる相手。40代ぐらいの女性。

(群)「訪問看護でリハビリをお願いしたいんですけど。」

電話先「脳梗塞か何かですか?何年目になりますか?」ぺらぺらぺーら、としゃべりはる。

????あんたね、友達としゃべってるんとちゃうねんで?二言三言、会話をしただけやけど。あかんわ、こんなとこ。 このひと電話での話し方しらんのかい??あとは、向こうさん、一生懸命しゃべりはるけど、もう、こっちはどう断ろうかと考えはじめる

こんなところに頼んで、来てもらっても、気が疲れるだけやし、あとで、断るにも断りにくくなるなあ、と思ったんで、「途中でもう一度相談してみます」といって、電話を切った。君、君。電話の応対は気をつけないかんのだよ。

ほんでもって、直ぐ、もういっこのとこに電話した。てきぱき、あかるく、わかりやすい、応対。おう、何という違いだ。

さっそく、明日私が家族の一員として、面談することにする。

「もう、こっちにきめちゃったよ。あほやねえ、電話でだいたい雰囲気わかっちゃうんだよ。もっと心をこめて、応対しなくっちゃ、いかんよ、ね。」

とっぷへ

毎回必要、誓約書。
 

'99 4/10(ど)
22:24

ああ、ややこし。ショートステイに利用し始めたあたらしいケアハウスは毎回誓約書が必要だ、とのこと。おう、めんどくさいや。

保証人、緊急連絡先、本人住所氏名。はんこもポンポンっと。一枚で1年間有効ぐらいがややこしくなくていいのになぁ。

話は飛んで、朝日新聞の家庭欄に毎週土曜日に掲載されている春日キスヨさんの介護に関するこらむはなかなか現実的な内容でよろし。お薦め。

とっぷへ

あああ。(井伏鱒二著の「山椒魚」の
 

'99 4/09(金)
0:05


群青、車のキー紛失。ばあの、ショートステイのお迎え、タクシーでする。行きはケアハウスまで、ひとり、ちゃりんこで10分。ちゃり停めて、タクシーであと帰宅。また、ケア施設までとり徒歩で約20分。ほんで、ちゃりにのって、家に帰る。

家の中で鍵なくすんはしょっちゅうやけど、必要な時にほんまにみつからんかったんは初めて。しかし、いい、散歩時間であった。

ばあの様子?ショートステイ前より、ばりばり、元気になって帰ってきた。はきはきしゃべる。うちの母上と、かんしゃく起こしてけんかもしとる。

けんかできるんは元気な証拠や。

とっぷへ

近所のウルトラマン
 

'99 3/30(火)
22:16


この時間になると突如、「うりゃ!」「どりゃ!」と外に響く声。

「お、ウルトラマンだ。」  

最近謎が解明。
近所のおじさんがおふろで鼻をかんだり、くしゃみをする音やった。「どりゃ!」声がして、「お、9時半だ」と思う。

今日はおそかった。22時16分。夜のたのしみ。

とっぷへ

しんどい待ち時間

 

'99 3/30(火)
21:59

老人ホームのショートステイを利用するときの送迎バスの到着時間の開きは約30分。くたびれる。遅いだろうと思っているとめっちゃ早く来る。
きっと今日は早く来るわ、とスロープを玄関に出し準備万端すぐにでもでれるようにしてるとめっちゃ遅おに来る。

「時間通りにお願いよー」とはいえ、あのリフト付き送迎バスの乗り降り介助時のスタッフの手間を思うと、多少不満はあってもご苦労様としか言えまへんです、私。皆さん腰を大事にしてくださいまし。

おお、その日施設に電話して、「今日は何番めに拾っていってくれるんですかー」
「今日は何番目におろしてくださるんですかー?」
と、聞きゃあいい、と言うことに気がついた。

デイサービスの時もそうしたらいいんや。 デイケアは遠いから渋滞で予想がつかない。いいアイデアだ。

とっぷへ

夜、おしめあてるときのばあこへの声かけ。

 

'99 3/30(火)
21:48


私 「ほんまはおしめなんてしたくないんやけど、孫がずぼらして、夜おしっこに連れていってくれへんから、しゃーないから、やったんねん。私はちゃんとトイレでおしっこできるんよ。前は孫もちゃあんと夜おしっこにつれてってくれたのに最近はしんどいしんどい言うねん。おしめあてへんかったらうるさいし、文句いうし、次の日機嫌悪いから、しょうことなしにおしめあてたってんねん。トイレに夜連れてってくれるのは○○ちゃん(叔母の名)だけやわ。▲子(うちの母上)も最近連れてってくれへんし。きっちり連れていってくれるんは施設の人だけかもしれへんなあ。身内のもんはちっとも連れてってくれヘン」

ばあこ「ぷっ(笑)」

私 「枕元のほ乳瓶で夜は水のめー、水のめー言うけど、こんなんで飲みたないわ。あんがい吸うのしんどいねんで。私はちゃんとコップから水飲めるのに。ほんでしょっちゅう水かえてくれるんやったらいいねんけど、孫の当番の日はずぼらしてなかなか変えてくれへんしなあ。
まーめずらし、今日は変えてくれるのん?すごいな−。」

ばあこ「ぷっ(笑)」

とっぷへ

なになにしてくれなかった。これこれしてくれなかった。
 

'99 3/28(日)
19:09

ショートステイを利用してそのアトばあこに感想を聞く。してくれなかったことが、不満で出てくる。結局ばあこが口に出して言わなかった事が原因なんだけど。もう、最近は「ああ、そうかー」で、聞き流しちゃう。沢山施設を利用してたら、いろいろ不満はある。こちらもうっかりミスが一杯出てくる。

そんなもんだ。ポレポレ精神で行くだよ。

とっぷへ

ばあこにはもう、普通に話す。無理に明るく声を出さない

 

'99 3/28(日)
18:27

声を張り上げすぎると喉が潰れる。前は一生懸命明るく声を出していた。 自分がそうしないと倒れそうだったから。 がもう、元気復活。普段使いの声で十分だ。明るく大きな声を出すほうが疲れてしまう。長続きの私の秘訣。

とっぷへ

地区で今年度2回目の「在宅介護者のつどい。」
 

'99 3/28(日)
18:27

だいたい地区の中で10名ほどの出席。いつも在宅介護をしている人より、民生委員の方が出席率が高い。以前のつどいは民生委員が介護者の人をぐるりと囲むような机の並べ方で、なんだか監視されているような、いやーな感じがした。今回も出席してもあんまりいい感じはしない。保健婦さんやリハビリの先生なども参加。

今回は体操が主な内容だった。地区で推進している簡易体操があって、それを教えて下さった。けれど、それをしながら私は「こんなん年輩の人が勢いつけてやったら、体、壊すでー!」とちょっぴり、かなり、批判していた。ラジオ体操自体あまりいいとは思っていないので、号令を掛けながら軍隊のようにやる体操はあまり好きではない。ストレッチや、ヨガの方が体の様子を見ながら出来るのでいい、と思う。事実、介護をしていると、体の使い方が偏るので、急に体操したりすると、ぐきっと、からだをいためる。年輩の方ならなおのこと。

私個人としては呼吸をしながらのヨガ、真向法、揚式太極拳の8段錦、や操体法なんかがお薦めだと感じます。

今回も年輩の方の参加が主、同年代の方は皆無です。

最後に紙製おむつを20枚ほどと、佃煮の詰め合わせをいただきました。

参加なさった方はお互いショートステイの事など話しておられたようですが、今、そんなに介護で悩みのない状態の私。なんだか、場違いな気がしました。本当に参加して欲しい、ちょっとここに出てきて休憩して欲しい方は介護に手を取られて、参加出来ていないのが現状です。

出席することで少しでも地区と関われたらと思い、出来るだけ参加してきましたが、あんまり参加しても得られる物が少ないような気がして、今後はやめておこうかなぁ、と感じています。

今後介護を通しての地区との関わりはどんなかかわり方があるのかなあ、と思っています。

とっぷへ

この頃とてもよく寝る、ばあ。
 

'99 3/27(土)
22:34

ほんまによく寝てる。赤ちゃんみたいだ。声掛けてもなかなか目覚めない。

とっぷへ

デイサービスより休む確認の電話。
 

'99 3/27(土)

今週のデイサービスの日。休む連絡はしていたのだが、朝、再度確認のでんわあり。連絡帳に休むと書いていても間違って送迎バスが来たりする事が何度かあった。そのたびに、え?連絡し忘れたかな?と、ひやっとして連絡帳をもいちど開いて「ちゃんと休むって書いてあるよねー」と、ほっとすること度々あり。朝の電話は助かります。

とっぷへ

ばあこ88歳。
 

'99 3/27(土)

ばあ子の半分も生きとらん私。なんだかばあ子はすごいなあ。

とっぷへ

これが噂の

 

'99 3/27(土)

おお、これが噂の地域振興券。昨日届く。みんなで物珍しそうに眺める。ほおーっ。こいつかー。
とっぷへ

ショートステイで洗濯をして下さるのはうれしいのだが。
 

'99 3/27(土)

新しく利用している老人保健施設。申請すれば洗濯もして下さる。洗濯は必要ありません、と言っていたのに洗濯してくださり嬉しい反面 、ありがた迷惑。

ばあがちゃーんと着替えをしたのか確認できないし、どの服を着て、どの服を着なかったかがわからない。汚れ物はぐちゃぐちゃにしておいてくれたほうがわかりやすいんだけど、きちんと折り畳んであったりして、きれいのかきたないのかようわからん。

くんくん洗剤の匂いをかぎ分けて、(家では粉石鹸を使っているので合成洗剤を使ってると施設で洗濯してもらったやつだと分かる。)これはあらったな、これは違うな、なんて判断しつつ、結局は全部家で洗う。

ああ、2度手間だあ。

とっぷへ

ばあショートステイでうんち全然出ず。

 

'99 3/27(土)21:39

一週間のショートステイ。昨日帰宅。一週間うんち全然出ず。摘便しても出なかったそう。最後には座薬のお世話に。

でもまだ出ないからほんでパッドをあててもらって帰ってきた。でも家に帰って便座に座ったら自然に出た。よかったなー。やっぱり家はリラックスするからかな。

家で摘便すると必ずでるんやけどなー。

とっぷへ

なんでー?デイケアのバス来ーへん。
 

'99 3/19(金)23:25

今日はデイケアの日。雨しとしと。バスの送迎場所まであるいて5分。外で待つこと30分。ちっともバス来ん。ヘンだ。帰る。
デイケアに電話。今日は欠席になっています。とのこと。

えーっ?ちゃんと連絡帳にも今日は出席と書いたよー。なんでー?

欠席と間違えはったんや。直ぐバスを出発させますと言ってくれはったけど、バス来るのに30分はかかる。また雨の中ばーを連れて出ないかん。

ばー、体力消耗。私もくたびれた。今日は欠席することにする。

ああ、泣きべその私。気分は落ち込む。今後連絡帳には、欠席する日だけ書くことにしよう。

とっぷへ

今までで一番余裕があるよな今日この頃。
 

'99 3/10(水)23:30

やりたいこと、やーろう。

とっぷへ

ぼちぼちだ。

 

'99 3/08(月)21:30

ばあのからだ現状維持でよいではないかい。それ以上は望まぬ ようにしよう。負担にならぬよう。無理はしない。出来ないことは出来ない。これが長続きのこつ。かな

とっぷへ
ほんまの最初のページへ この章のトップへ 総目次へ

gunjoaen@hello.email.ne.jp

制作:(C)群青亜鉛
2002(改訂)