目次
 


その3

その1
その2

その4

  • 華も嵐も踏み越えて?
  • 有償介護のすすめ?
  • 本音で話せる幅広い年代の知人
  • 介護は一人ではできないなあ
  • 公的サービス沢山利用すると、手間も倍増。
  • まめな相談。
  • どんどんやろう、情報集め

華も嵐も踏み越えて(?)
 

'99 1/24(日)


3人交代で介護出来るなんて、幸せなほうやないの。
読んで下さってる皆さんが思われることかもしれません。

一時気持ちも身体もすり減って居たときは「もう、ばぁの介護なんてやだー!みんなでやったらいいやん、もう、私はかかわらないからねー!!」と思っていました。

が、今は落ち着いて、ばあの介護はやっとまあ、生活の一部なんだと思えるようになりました

今ショートステイは出来るだけいっぱい利用していますが、これも
ばあ子が元気だから出来ること。いつ何時症状が変わるかわからないですから、楽させてもらえる時は楽させてもらおうと。

ばあの健康に感謝し、やっと自分の家族に目が向くようになった、ここ最近です

目次へ

有償介護のすすめ(?)
 

'99 1/10(日) 
追加記入 '01 5


ばあのショートステイ送迎の時、時給制でばあからお金をもらっています。一時間700円。として、今老人福祉施設の送迎には、行って手続きして帰って2時間位 かかりますので、1400円をいただいています。こうすると気持ちが割り切れるのでいいような気がします。

叔母も母も、交通費や、なんだかんだかかった費用は全部精算して、ばあ費からもらいます。

そして毎月市から在宅介護助成金が1万円給付されているんですが、これは同居している私がいただいています。最初はこのお金をばあに関することに使わなきゃ、と思いこんでいましたが、私が健康で精神的にもいい状態であれば、みんな気持ちよく介護にかかわれるので、あまり深く考えず、家計の足しにさせていただいています。感謝。

(2001年5月追加。はい、上のやつの正式名称は、「在宅老人介護手当て」でした。

支給対象者は、今年度は
○65歳以上で、居宅において6ヶ月以上常時床状態の肩。また65歳以上で重度地方の状態で常時介護は必要な方。
○高齢者、配偶者、扶養義務者の各々の前年所得が老齢福祉年金受給対象額以下であること。
○過去1年間に介護保険サービスを利用していないこと。(年7日以内のショートステイの利用を覗く)
○支給額12まんえん。

ばあこは昨年度は6ヶ月かんロングステイを利用しましたのでこの手当ての支給は打ち切られましたん。いまはもらっていませんです。はい。

(2001年10月現在)この頃は経費のみ、です。

目次へ

本音で話せる幅広い年代の知人
 

'98

利害関係のない広い年代の知り合いがいるとなると、
心強いですね。同年代だと、物の見方が似通っていますから
色んな視点からの意見を聞きたいときには物足りないんです。

特に私の様な30代、だと、子育て真っ最中の友人ばかりで
介護の事を話題にしても、「大変やね、えらいね、」
ぐらいしか、返事が返ってきません。

介護にはまだ実感がない、ピンとこない年代です。

その点、50代、60代、70代、経験を積んできた方の言葉は重みが違います。

私は雑誌「婦人之友」(月刊誌です)を読んでおり、その雑誌の愛読者の会である、「友の会」というのに入会しています。

ここでは幅広い年代の主婦が交わって、活動しています。
皆さん、本音で意見をおっしゃるので、本当に心強いのです。

インターネットでの情報交換もとてもありがたいです。
と同時に、上記の会で知り合った方々にも本当に助けられています。

目次へ

介護は一人では出来ないなあ。
 

'98


無理無理。家庭崩壊してしまう。
自分の将来も考える。
自分の親が寝たきりになったら。
夫の両親がそうなったら、どうするか。
もう、祖母で体験してしまったので、
ものすごくしんどいと思う。
もうしたくないとも思っている。

一人ではようせんと思う。

日本に浸透している、家族制度の嫌な面も考える。

つい、マイナス思考になる

祖母の介護にかかわったんは良かったんか、悪かったんか。
介護にかかわるのが早すぎたような気もします。
老衰、してしまいました。(でも今、回復期に入ってます。)
昔っから、老衰していたと思うんですが。

いかん、いかんと押さえてて、そんな自分を見ない振りしてたけど、時々私の5年間を返してくれと思うことがあって。私はただの、便利屋だったのかなーなーんて、年齢よりかなり老衰している自分を感じることも多かったです。(好き勝手、偉そうなこといってごめんねー。)

そう思う自分は確かに、います。別に自分がやりすぎちゃっただけで、「なんで私がこんなにしなくっちゃいけないの、」なーんて、勝手に思ってただけなんですけどね。

自分一人でしょいこんで、空回りしてただけなんですけどね。

わかんなかったんですよ。つい、最近まで。ひとりでがむしゃらにやりすぎて、身体壊して、文句いって。みんな、ごめんね。

あー。くたびれちゃったなあ。
あほやなあ。

目次へ

公的サービス沢山利用すると、手間も倍増。
 

'98


利用できるまでなんと長いあれこれ。
公的サービスを利用しようと思ったら、手続きがよーさんある。
これ、くたびれます。かなり。診断書、医師の許可、家族の同意書
などなど。
更新の時期も一年ごとに来ます。高齢福祉課、からの書類、障害福祉課、
からの書類、老人保健施設の更新、なんやかんや。あーーーーーーーーしんど。
またぁ?
とため息の出ることたびたび。
もっと、まとめてできひんもんかな。
これでしんどくなってる人多いと思います。

(2002年、今はケアマネージャーさんが間にはいってくれていますが、それでも書類はごっついなあ)

目次へ

どんどんやろう、情報集め
 

'98

公的なサービスもどんどん充実してきています。

ショートステイの施設も新築でどんどんきれいになっています。

老人ホームも一昔前の姨捨山的なイメージはあまりなくなっていて、ホテル並に変わってきています。

そして今は出来るだけ早く、リハビリをしましよう、と言う時代です。

うちのばあは36年ほど前から、身体が麻痺しだして、立てなくなりました。リハビリの概念がほとんどなかった頃です。あのとき歩く練習やらリハビリをやっていたら、今はまだ、歩けていたかもしれません。本当に悔やまれます。

世間のイメージや、古い考えに縛られていて、身動きがとれない方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

どんどん情報をあつめて、いまの介護はこんな風になってきてるんだよ、と周りの方に教えてさしあげてください。もちろん、インターネットはその手段として本当に便利な物だと思います。

目次へ

介護者同士でまめな相談。まめな連絡。
 

'98
'01 5/26追加


連絡事項はみんなに行き渡るように。が鉄則でしょう。

わかってるだろう、伝わってるだろう、と思っていると、ある日突然思いが爆発、、、。することがあります。ウチのように3人交代ですると、私は叔母とも、母上とも会うのですが、姉妹である叔母と母上があうこと、話をすることがあまりありませんでした。そこがいかんかった。ちょっとした決めごと、ちょっとしたこと、でもまめまめに連絡をとりあう、取り残される人がないように。

だって、みんなで介護してるのに、自分の知らない所で事が決まってはこんでしまうと、いやですよね。すねちゃいますよね。

わたしの場合、なんでも先さきやりすぎて、叔母に聞くのを忘れてた事がたくさんあって、叔母がちょっと ぷんすかしてしまったことがあったのです。ごめんなさい。
ものごとには順番があるのですよね
事前に相談する事もあまりなくて。突っ走って、出しゃばって、そしたら、叔母の立場がなくなってしまうのに、それさえ思いつく暇がなくて、どんどん自分のやりたいように、やってしまって、、、。
始めはこんなに私良くやってるのに、、、。と高飛車に思ってました。

でも、よくよく考えてみると私の思い違い、でしたね。

母上は母上で、若いもんにまかせておいたら、頭が常識で硬くなっていないし、新しい方法をどんどん取り入れてくれるから、私にまかせていたんだ、とのこと。

確かに介護は周りの状況がどんどん変わってきてるので、情報集めがとっても大事だと痛感します。

同時に大切なのが、まめな連絡。まめな相談。

(2001 5/26追加) で、今はうちの母上と2人で看ています。

目次へ

グリコのおまけ
 

 

ほんまの最初のページへ この章のトップへ 総目次へ

gunjoaen@hello.email.ne.jp

制作:(C)群青亜鉛
2002(改訂)