目次
 
1998年
後半期

親戚・知人に送っていたハガキ新聞。ぼちぼち、行きまひょ。

つづき
 


98年7月3日(金)発行
 

 


7月号その1

おばあちゃんの事で今一番の悩みは、ショートステイで歯磨き介助がされない事です。

おばあちゃんが歯磨きするには介助が必要です。

ずっと利用している老人ホームのショートステイでは歯磨き全くナシが普通 。最初はどうにかして歯磨き介助してもらおうと努力しましたが全然だめ。間2年は歯磨きは諦めて利用。やっと最近初日だけはしてもらえるようになりました。毎回メモでお願いはするんですが。

生活リハビリを掲げる老人保健施設のショートステイでも歯磨き介助はほとんどありません。持っていった歯ブラシとコップは洗面 台に置いてありますが、いつも使われずじまい。幸運に歯磨き介助してもらえたとしても、スタッフはすぐどこかに行ってしまい、ばあは置いてきぼり。忙しそうなスタッフには声を掛けづらく、歯磨きナシで一週間我慢という「?」な状況が続いています。


この問題をインターネットの老人介護に関する掲示板に投げかけたところ、(インターネットでは、高齢者介護の情報交換がとても盛んなのです。)人手が足りないため多くの施設では、歯磨き介助まで手が回らないんだそうです。

うーむ、悩みます。でも、連絡帳を作ってスタッフの方とまめに連絡を取り合い、何か良い手だてがないか探って行くつもりです。全部お任せでは施設の環境は良くならない、うるさがられる位あれこれ感じた事を言っていかないとだめだな、と痛切に感じるこの頃です。利用者家族の横の繋がりも大切だと感じます。




おばあちゃん7月のショートステイの日程
7月上旬の1週間、老人ホーム
7月下旬の1週間、老人保健施設 です。
 
目次へ

98年7月19日(日)発行
 

 


7月号その2
暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続きますが皆様お元気ですか?

家ではおばあちゃんの暑さ対策で四苦八苦(?)です。おばあちゃんは暑がりですから、団扇が手放せません。イライラしたり眠れない時もすぐ団扇をバタバタさせます。団扇はおばあちゃんの精神状態のバロメーターなんです(笑)。


クーラーが効いていて、快適に過ごせるショートステイに行ってもらっている時の方が、私は正直なところ安心出来ます。ショートステイ時には図書館で借りてきた大活字本を2,3冊持って行きます。(最近、新刊が増えたんです。ミステリー物ばっかりですが)車椅子には旅行用の小物入れを改良したサイドポケットをつけ、その中に本とハンカチを入れ、自分で取り出せるよう工夫しています



おばあちゃん、8月のショートステイの予定
8月上旬一週間、老人ホーム
8月下旬の一週間、老人保健施設


叔父様、叔母様にまだお話していませんでしたが、おばあちゃんの介護体験を自分だけにしまっておくのはもったいないと思い、気付いた事、感じた事、日々の工夫あれこれを、インターネットのホームページに載せています。ネットを御覧になる機会があれば、一度覗いてみて下さい。ご意見、ご感想を頂けるとうれしいです。(匿名で作っています。個人のプライバシーに関わる事には触れていません。)Yahoo!のお薦めホームページとしても紹介されました。

 
目次へ

98年8月1日(土)発行
 

 


8月号その1

ケア施設のショートステイ利用は次回で5回目ですが、だいたい決まった方が宿泊されているのでもう顔なじみです。世話好きのお婆さんも泊まっておられ「トイレ行ったか?」「薬飲んだか?」とばあの事を何かと気遣って下さいます。そりゃもうありがたい事です(^^)。ばあちゃんも一生懸命話をしてるみたいです。

家に居たら人との交流も限られますが、出かけると色んな人と触れ合えるのでいい経験ですね。

歯磨きに関しては、コップに直接マジックで「介助お願いします」のメモ書きをしました。今回2日に一度は介助してもらえたようです。あまり悲観的にならず、やってもらえてよかったね位に楽天的に思うようにしました。

その他ばあは、気付いた事は家と同じ様に大きい声で「薬まだもろてない!」やらなんやら意志表示してるんであまり心配いらないみたいです。明治生まれのおばあちゃんはほんと、たくましいです。(^^)


毎日寝苦しい夜が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか?暑がりばあちゃんはクーラーをきかせて熟睡し、とっても元気です。

ケア施設も出来てから一年、最初は頼りなげだった若いスタッフもたくましく成長されました。ベッドや手すり、身の回りの物の配置は人それぞれ体の状態によって違うので、スタッフと話し合い、ばあちゃんに一番合う様に模様替えします。ショートステイ中でも、ばあが自分で身の回りの事を出来るようにしようと思ったらある程度こちらの協力が必須で、施設にお任せではうまくいかないなあ、と痛切に感じる、今日この頃です。     

 

 
目次へ

98年8月23日(日)発行
 

 


8月号その2

残暑お見舞い申し上げます。

ちょっと強引かな、とも感じますが、毎日無理なく出来る日常動作の中で色々リハビリを増やしています。

手取り足取りだとつい甘えてしまって、おばあちゃんは身体を動かそうとしません。せっかく出来るようになった事が沢山あるのだから持続させないと、もったいないですよね。おばあちゃんもしんどいでしょうが。
「うるさい孫で悪いねー、ごめんねー(^^)」と笑いもって、なんやかんや、言ってます。

ばあちゃんの、前向きな姿勢は、どこに行っても周りに元気を与えてるような気がします


おばあちゃんの今後の機能回復の事も考えて、先日市の高齢福祉課より、低床タイプの車椅子を給付していただきました。

れは座椅子の高さが低く(40